FC2ブログ

スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

美山かやぶきの里

  • 2018/10/06(土) 15:47:55

美山かやぶきの里は、京都府南丹市美山町にある、かやぶき古民家の集落です。京都府にありますが、市街から外れた静かな農村です。



















































美山かやぶきの里は落ち着いた雰囲気の農村で、ゆったりとした時間を過ごせます。しかし、1~2時間もあれば、十分周りきれるので、正直、ここだけの観光だと物足りないです。どこか2、3箇所の観光と合わせて、見に行くと良いでしょう。

スポンサーサイト

モネの池

  • 2018/08/26(日) 20:21:39

モネの池は、岐阜県関市板取にある池です。画家のモネが描いた、「睡蓮」に良く似ていると、ネットで話題になっている池です。ネットで見る写真では、水が透き通っていて、絵画以上に美しく見えます。




↑根道神社とモネの池






↑モネの池

き、綺麗!

なのだろうか?

水が濁っているように見えるが・・・




↑モネの池

あれれ、綺麗じゃないぞ?

私の目の錯覚か?

それともカメラの性能が低いのだろうか・・・




↑モネの池

先生!どうやっても綺麗に写せません!!





↑モネの池と観光客

皆さん、がっかりしてませんかー?大丈夫ですかーーっ!?

私は最初から、こんなものだろうと思っていたので、ある意味、期待通りでしたよ。




↑焼き鮎

モネの池を出たあと、しばらく車で走って、「鮎の里ほらど」と言う店で、鮎料理を頼みました。

しかし、年若い店員が多く、接客がなってませんでした。出てきた鮎も、生きたまま串に差して差し出され、皿の上で動いていたので、正直、気が引けてしょうがなかったです。よくは知らないのですが、活け締めしてから、出すものではないでしょうか?この後、自分でオーブンの中に入れて、焼く事になります・・・私達は飛び入りの客で自分で焼く事になりましたが、予約客には焼き鮎にしてから提供しているようでした。





↑鮎の雑炊

この雑炊は美味かったですが、店員が持ってくる気配が無く、自分で言いに行ってようやく持って来ました。店員は、集まって雑談している様にも見えました。この店は10点中、2点にしておきます。



飛騨民俗村・飛騨の里

  • 2018/08/26(日) 16:55:04

飛騨の里は、岐阜県高山市にある、民俗博物館です。飛騨にあった古民家が移築されていて、内部には昔ながらの農具、工芸品が多数、展示されています。




↑飛騨の里

座っているのは、飛騨地方で昔から作られている人形さるぼぼです。ここでお姉さんが、写真を撮ってあげましょうか?と勧めてくれます。そして、自前のカメラを渡すと、撮影してくれますが、同時にお姉さん所持のカメラでも撮影してくれます。お姉さんの写真は綺麗に仕上がっていますが、そこそこの値段がします。








↑旧新井家住宅




↑旧新井家住宅




↑旧新井家住宅





↑旧若山家住宅




↑旧若山家住宅




↑旧田口家住宅




↑旧田口家住宅




↑旧八月一日(はずみ)家住宅


飛騨の里は、日本の原風景が見られる良い所でした。どこか懐かしい、ホッとする気持ちになります。

平湯大滝、飛騨大鍾乳洞

  • 2018/08/26(日) 16:05:15

奥穂高登山を終えた後、平湯で1泊して、高山市周辺を観光して周りました。

平湯大滝は、岐阜県高山市奥飛騨温泉郷平湯にある、落差64メートルの滝です。




↑平湯大滝




↑平湯大滝

なかなかの水量で見応えありましたが、滝壷まで行けなかったのが残念でした。




↑平湯





↑飛騨大鍾乳洞

飛騨大鍾乳洞は岐阜県高山市にある、全長約800mの鍾乳洞です。訪れたのは夏場でしたが、中はひんやりしていて心地よかったです。


























飛騨大鍾乳洞では、併設されている大橋コレクション館も見学する事が出来ます。世界や日本各地から集められた美術品が多数、展示されていて、かなりの見応えがあります。鍾乳洞を訪れる事があれば、忘れず大橋コレクション館も訪れる事をお勧めします。




↑自然薯(じねんじょ)、茶茶

高山市内にある店で、量が多い上、味も抜群で、十分、満足しました。店員の方も、窓際の良い席に案内してくれた上、料理が出てくるのも早かったです。10点満点で、9点を付けたいです。

奥穂高岳 2

  • 2018/08/18(土) 15:31:24

奥穂高岳登山の続きです。





↑涸沢小屋

今日、寝る部屋です。



↑山荘の夕食

見た目は平凡ですが、まあまあ美味しかったです。消耗していたので、ご飯は大盛り2杯頂きました。食事の後は、山荘の定番漫画、「岳」を読んで、20時には寝床につきました。




↑奥穂高への道

翌朝は3時半に起きて準備を整え、やや明るくなってきた4時半頃に出発しました。




↑朝焼けの山肌

この日は晴れてはいたものの、すっきりしない天気で、山頂は雲にすっぽり覆われていました。




↑朝日





↑ザイテングラード

岩の連なる急な登山道です。ここまでは麓を眺められましたが、ザイテングラードを登り出すと雲に包まれていき、辺りは真っ白になりました。




↑ザイテングラード

急ではありますが、しっかりとした登山道なので大丈夫です。ただ、残雪期には危険な登りとなるでしょう。




↑高山植物




↑穂高岳山荘

ザイテングラードを登り切れば、この山荘に着きます。




↑奥穂高への道

穂高岳山荘のすぐ奥から登れます。しかし、雲が益々、酷くなり、何も見えない・・・苦笑。しかも、かなりの風と寒さで、上着を着込まないと体がもたないです。




↑鉄梯子

下を見れば、かなりの高度感がある上に、濡れていて怖いです。この危険な箇所を抜ければ、後はガレ場の登りとなります。そして、頂上に辿り着きましたが、真っ白な空間をカメラが捉え切れず、ビジー状態になって、シャッターが押せませんでした。頂上からの眺めはおろか、記念写真すら収められず、役立たずの重量物を地面に叩き付けてやろうかと思いました。


               . -―- .      やったッ!! さすがキヤノン!
             /       ヽ
          //         ',      インスタントカメラですら
            | { _____  |        やれる事もできないッ!
        (⌒ヽ7´        ``ヒニ¨ヽ
        ヽ、..二二二二二二二. -r‐''′     そこにシビれる!
        /´ 〉'">、、,,.ィ二¨' {.  ヽ     _ _      あこがれるゥ!
         `r、| ゙._(9,)Y´_(9_l′ )  (  , -'′ `¨¨´ ̄`ヽ、
         {(,| `'''7、,. 、 ⌒  |/ニY {              \
           ヾ|   ^'^ ′-、 ,ノr')リ  ,ゝ、ー`――-'- ∠,_  ノ
           |   「匸匸匚| '"|ィ'( (,ノ,r'゙へ. ̄ ̄,二ニ、゙}了
    , ヘー‐- 、 l  | /^''⌒|  | | ,ゝ )、,>(_9,`!i!}i!ィ_9,) |人
  -‐ノ .ヘー‐-ィ ヽ  !‐}__,..ノ  || /-‐ヽ|   -イ,__,.>‐  ハ }
 ''"//ヽー、  ノヽ∧ `ー一'´ / |′ 丿!  , -===- 、  }くー- ..._
  //^\  ヾ-、 :| ハ   ̄ / ノ |.  { {ハ.  V'二'二ソ  ノ| |   `ヽ
,ノ   ヽ,_ ヽノヽ_)ノ:l 'ーー<.  /  |.  ヽヽヽ._ `二¨´ /ノ ノ
/    <^_,.イ `r‐'゙ :::ヽ  \ `丶、  |、   \\'ー--‐''"//
\___,/|  !  ::::::l、  \  \| \   \ヽ   / ノ



晴れていれば、槍ヶ岳の穂先や、難所の岩山ジャンダルムの偉容も拝めたはずなのですが、10~15メートル先を見渡すのが精一杯でした。数年前の槍ヶ岳登山や、昨年の白馬岳登山とまったく一緒で、達成感も半減してしまいまいました。山の神とキヤノンに苦情を入れたいところです。


     )、._人_人__,.イ.、._人_人_人
   <´ あんた達なんて、大っ嫌い!!! >
    ⌒ v'⌒ヽr -、_  ,r v'⌒ヽr ' ⌒
// // ///:: <   _,ノ`' 、ヽ、_ ノ  ;;;ヽ  //
///// /::::   (y○')`ヽ) ( ´(y○')    ;;|  /
// //,|:::     ( ( /    ヽ) )+     ;| /
/ // |:::     +  ) )|~ ̄ ̄~.|( (       ;;;|// ////
/// :|::       ( (||||! i: |||! !| |) )      ;;;|// ///
////|::::    +   U | |||| !! !!||| :U   ;;; ;;;| ///
////|:::::       | |!!||l ll|| !! !!| |    ;;;;;;| ////
// / ヽ:::::       | ! || | ||!!|    ;;;;;;/// //
// // ゝ:::::::: :   | `ー-----' |__////




山の神、「これも山の試練じゃ、耐えよ」

            , ;,勹
           ノノ   `'ミ
          / y ,,,,,  ,,, ミ
         / 彡 `゚   ゚' l
         〃 彡  "二二つ
         |  彡   ~~~~ミ      
     ,-‐― |ll  川| ll || ll|ミ―-、
   /     |ll        |   ヽ
  /       z W`丶ノW     ヽ
 /        \\   / /      |
/    天      \`i / /  狗   |






\               ¦         /
  \             ¦        /
             / ̄ ̄ ヽ,
            /        ',      /     _/\/\/\/|_
    \    ノ//, {0}  /¨`ヽ {0} ,ミヽ    /     \ うるせー      /
     \ / く l   ヽ._.ノ   ', ゝ \       <   バーカ!  >
     / /⌒ リ   `ー'′   ' ⌒\ \    /          \
     (   ̄ ̄⌒          ⌒ ̄ _)    ̄|/\/\/\/ ̄
      ` ̄ ̄`ヽ           /´ ̄
           |            |  
  --- ‐   ノ           |
          /            ノ        ----
         /           ∠_
  --   |    f\      ノ     ̄`丶.
        |    |  ヽ__ノー─-- 、_   )    - _
.        |  |            /  /
         | |          ,'  /
    /  /  ノ           |   ,'    \
      /   /             |  /      \
   /_ノ /              ,ノ 〈           \
    (  〈              ヽ.__ \        \
     ヽ._>              \__)





ゴロ ゴロ
   ◎――◎
  /    \
 ◎      ◎
 |   ∧   |
 ◎ oノハヽo ◎
  \(●´-`)/
   ⊂  つ
 ("⌒(⌒⌒)⌒)⌒)
(⌒ ( ⌒) ) ⌒)
`( _("⌒ )_ ) _)
  // //// // / ザー

           ヾ
          //  ズ
          \ヽ、  ド
          / /  l
         /  /    ン
         ヾ  \
         /   丶
         /_▲_/
  ぎゃ━━━('A`;)━━━━ !!!!!!!!!
       /. `i   i´ \
            j/ヽ'




頂上に着いたのは、7時20分で、涸沢小屋からは3時間かかりました。頂上にいても寒いだけで、何も見えないので友人のカメラで記念写真を撮ってもらうと、早々に下り始めました。




↑奥穂高からの帰り道

正面に見える山は、常念岳だそうです。ここから延々と歩き続け、17時に上高地バスターミナルに到着しました。18時に最終バスが出てしまうので、結構、急ぎで、明神池などの上高地散策もパスしました。上高地からあかんだな駐車場に行き、そこから車に乗って平湯温泉近くの安宿で1泊しました。この日は本当に疲れ切って、数段の階段すら足を上げるのが辛かったです。


ここ数年の8月は曇、雨が多く、夏晴れの風景があまり見れてない気がします。出来れば、7月、9月に登りたいところですが、休みの都合が付かず、難しいところです・・・



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。