FC2ブログ

泥だらけの友情

  • 2019/03/17(日) 16:43:03

私がまだ、10代後半だった頃の話。

当時、私は中型バイク免許を取得したばかりで、バイクやスクーターを乗り回すのに夢中になっていた。そんなある日の夜、友人達と田園地帯の奥にある池まで、スクーターで出かけて行った。そこで、盛大に花火をして、馬鹿話に花を咲かせた。やがて、楽しい遊びもお開きとなったが、私はハイテンションのまま、田園地帯の細道を駆け抜けていった。




       ____
     /⌒  ⌒\
   /( ●)  (●)\     未来のスターのお通りだーーーっ!!
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \
  |     |r┬-|     |
  \__  `ー'´  _ /
     /     \
   .ィ⌒ヽ ___ ィ⌒ヽ
  ((、、、(((| l二二l |))), , ,))    ブオーーーーン!!
    .("r┴─-─┴i.`)
    ', |      │/
     ',| .「|i⌒i「| レ゙
     |___Ul  lU_|
        .i___j




                   __
                ,r' "    ゙ヽ、   うしゃらららーーー!!
                |_____|
             . /  (○ )lilili(○)  ―_
              /    ⌒(__人__)ヽ   ―
            __|       |r┬|  .|    ― ―
      .    ,r" _ \.____ 、__.`ー'_/   ―_
        /_,/ /___     .  〉  ―
        {mンー《//''''''''//》ーmmン  ./
        ゙ ̄" ̄7"ー―゙/i ̄弋ソ__/
         //" ̄ ̄iヽ  /
       .// /.     | .|  / ´⌒;;
     / / /     / /  \ (´⌒;; ≡
     \./ /     / /\  ヽ (´⌒(´≡≡
      / /     / / :::::〉  〉 ´⌒(´⌒;;;≡≡≡
  .   / /     / / ::::/ ./ (´⌒(´⌒;;
     ト,,ハト、⌒\' .{ :::〈. Y´
     ,r"ー\\  ヽ,ヽ/\>
     {::{ / ヽ ゙̄i゙ ̄}゙/    (´⌒;;
     ヽヽヽ ´ ノノ:::::ノ  ´⌒(´⌒;;;≡≡   キッキッーー!!
      ヽ、二/::/ (´⌒(´≡≡≡
        ̄ ̄ (´(´⌒;; ≡≡


 


未来のスター 「俺って格好良いーーっ!」


 *o ゚ |+|   。*゚  +゚ } o  |*  o。!    |!
 o○+ | ∨    | {r|! *l:     + |!*l::j o ○。
・+     ,-i| o.+  ___  。*゚}‐ 、゚ + |
゚ |i   | {r|! *l:  /_ノ ' ヽ_\   ノヾ}  |
o。!    |! * .゚ /(≡)::::::(≡)\  レ ノ  ゚|
  。*゚  l ・ / /// (__人__) ///\o  ゚。・ ゚
 *o゚ |   |     |r┬-|      |   *|    
。 | ・   o ゚ l\     ` ー'´    /*゚・+゚ ||
 |o   |・゚ ,.‐- .ハ       イ | * ゚   |
* ゚  l| /    、` ニ ´ ノ  ノ   o.+ | ・
 |l + ゚o i     ` -、{! /_   \  ○・ |o゚
 o○ |  | ヽ.     ヾ´    ̄  `ヽ  *。
・| + ゚ o }  }                ヽ O。
 O。 |  | リ、  ..:::        ..   l 。
 o+ |!*。| / `ー::::       , ヘ:::::..  | *
 |・   | ゚・ |/   /  :::... ..   /:::/ | ::..... { |
    |_|\∧∧∧MMMM∧∧∧/|_|
     >                  <
  /\  ──┐| | \     ヽ|  |ヽ  ム ヒ | |
  /  \    /      /  | ̄| ̄ 月 ヒ | |
      \ _ノ    _/   / | ノ \ ノ L_い o o






気分良くかっ飛ばしていたところ、突然、道が消えて、スクーターごと宙に飛んだ。




    ,r'" ̄ ゙̄ヽ、
    |____|    /⌒"⌒ヽ、/つ
   /ーニjj三ニ‐:u:\,/       } /
  /(○)三 (○ ):::li|.:ヽ    ,   i  /ヽ、
  |i :::((__人__))).:::u:::li|   /゚\  ヽ'"/ヽ、〉 \  ぴゅーーー
  ヽ::::: {r┬-} :::::lii::::::/  / .  \_/    \ \ \
   .\::`ー"’u ::::::    / \ \         \\
     \  ,__ヽ、 〈     \
      \ \   \ \
        \ \ .  \ \                   , r "r ̄ヽ、
         \_〉     \_〉      η         ∠___/  _,ゝ
            \ \     ./ iゝ,//.        /:::::::/i /,r⌒ヽ′
               \    {/  \.,rー.、    /;;;;;;;;;ノノ  { ( ◎.)}}
                    \//  \\   ヽー'’ヽ  ヽ,_,ノi \
                   // ゙/〈     \\  |   \ ../ー'" \\
                  <./  \\.     \\ }.,、-―"´}./   \\\
                        \\.     \\   .//     \\
                         \\.     〉 .\ // \ \
                           .\ヽ,,Fハト、⌒\〉/     \
                               ↓r"ー\\  ヽ,
                             '"゙ / ヽ ゙̄i゙ ̄}゙    (´⌒;;
                            人人  ´ ノノ:::::ノ  ´⌒(´⌒;;;≡≡
                           ┌┐て . =/::/ (´⌒(´≡≡≡
                           ┴┴ て   ̄ (´(´⌒;; ≡≡
                       ドガッ !!!  YY


一瞬、時が止まった感覚がした。

未来のスター 「え!?」




      \        - 一…  __/
       >                \
     /     _ ,              ヽ
      i      , ___,, 、            |
      !     ⊥、 ̄,⊥、          !
      ∨   (   Y   )          ,'
      ヽ  (● )  (● )       /
       \ ─‐   ──     /
        \            /
          ー -- ―― '






そして、盛大に田んぼに突っ込んだ。



                         // / //  /  //
     ○  o                 // / //  /  //
       ( ヽr 、             // / //  /  //   ┃ ┃┃
    .     \ \\              //  /  //    ┣━
         \o                 //  /  //       ┃
      ○Oヽ  )               //  /  //
   o \ヽ_)              .  //  /  //      ━╋━┃┃
      (            / ̄ ̄ ̄\   /  /  ○  ┃┃┃
    o       )     / ─   ─ \      (
      ̄ ̄)       /  (○)  (○)  \      ̄ ̄ ̄ ) ━  ┃
    .   ( ̄ ヽ≦ ; |    (__人__)    | /    (_     ━━┛
         ニニ ≦三三三三三三三三三≧      )
    o  > ノ ノ          ニニニニニ      <
     O p/ / ) / :/     ブクブク        ─○
        ( / / )  / /⌒o Y⌒     \\ (   o
      ○   o O  ○   | /       ⌒ヽ )ヽ\\)
           //    Y   ○ O          ) ○
          ○      O






気が付くとうつ伏せになって、顔の半分が泥に浸かっていた。


         :, -─‐──‐-、:
          :/     #;;;;゚┳  \:
       :/ ;  ゜#     °  \:」
      :l  .U┳     ; ;;;;;#;;;;;;;;;;;; l⌒ '";;;; ヽ、:
       :|;;;;#;;;┃;;; ;;  u.    ;   |ー       \:
.      :! u. _ノ#ヽ、__ # ∪        ;;;  ,;   \ ,rー、:
        :ゝ。((-‐)  ;;;;;;(--)::。 i';;;⌒┳ ̄` ̄ ̄ ̄ヾ`ヽ ヽ:
       :(  ヽ'"(__人___)"'__ ,ノ ヽ、__;;__"___,、___ソノ__ノ:
  ´ ´ `゚~゜´^" ´~`゚゜`⌒ ´"´´゚^゚^ ~゜゚`´^゙^ ^´'゜´^゚´ '゚^´゙ ^ ゚゜




起き上がると幸い怪我は無かったが、体中、泥だらけだった。スクーターも泥に埋もれていて、引っ張り出そうとしてもビクともしなかった。このスクーターは家の物で、私の物では無かった。


泥だらけの落ちこぼれ 「やばい、どうしよう!このままだと怒られる・・・・」
      _______
.     / /  #  ;,;  ヽ
  : /ノ  ;;#  ,;.;::     \  :
   /  -==、   '==-   ..:::::|
.  | ::::::  (__人__)    :::::.::::| :
 : ! #;;:..  l  |     .::::::/
   ヽ.;;;//;;.;`ー‐'ォ   ..;;#:::/
    >;;;;::..     ..;,.;-\




私が焦り始めていたその時、後方から友人達がやってきて、「大丈夫か!?」と声をかけてくれた。そして、私1人でスクーターを引っ張り出せないと知るや、足が泥だらけになるにも関わらず、2人の友人が田んぼに入ってくれた。そして、あちこち泥だらけになりながらも、力を合わせて道まで引っ張り上げてくれた。





泥だらけの落ちこぼれ 「みんな、ありがとう・・・」


                 / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
                /                     \
              /                        \
             /      ―――            ――― \
           /          _                _   \
          /          /´ ,..::::::::::.ヽ ヽ         /´ ,..:::::::::::.ヽ ヽ \
        /        ,'  ,;::::::::::::::::::', ',       ,'  ,;:::::::::::::::::::', ', \
       /          {  {:::::::::::::::::::::} }        {  {::::::::::::::::::::::} }  \
     /           '、 ヽ::::::::::::::/ /        '、 ヽ::::::::::::::/ /      \ 
     |            (;;;;;;;;;;)) ̄ /       |     \   ̄          | 
     |            /'       /        ∧      ',               |
     |          {{        {        / ヽ     }               |
     |           ヽ       ヽ___/ __ \___ノ            | .
     \          人        ヽ   ´    `  '             /  
       \           ( し.)                                 /   
        \       `¨                           /    ..
         /                                     \      
        /                                          \    



この時、手伝ってくれた2人の友人は、まだ付き合いの浅い関係だった。しかし、私の幼い頃からの友人は、「足が汚れるから、ごめんな」と手伝ってはくれなかった。この時、本当に困った時に、人間の本性が垣間見れると思い知った。


それから、長い年月が流れて、これらの友人達とも連絡が付かなくなってしまったが、今でもこの時の事を感謝していますし、元気に過ごしている事を祈っています。

スポンサーサイト

長命寺

  • 2019/01/02(水) 16:24:34

長命寺は、滋賀県近江市にある寺院です。太郎坊宮に続いて、訪問して来ました。しかし、太郎坊宮では新年早々、飛ばしすぎたので、こちらでは大人しめに紹介していきます。


IMG_6463
IMG_6463 posted by (C)重家

↑長命寺の石段

808段もあって、本堂まで20~30分ほどかかります。



長命寺
長命寺 posted by (C)重家

↑石段

かなり登って来ましたが、それでもまだ、本堂は見えません・・・息が荒くなってきます。



長命寺
長命寺 posted by (C)重家

↑石段

ようやく最後の登りです。真冬で残雪がある中、少し汗ばむほどでした。



長命寺
長命寺 posted by (C)重家

↑本堂と三重塔




長命寺
長命寺 posted by (C)重家

↑境内からの眺め

木々の隙間から、琵琶湖が望めました。




長命寺
長命寺 posted by (C)重家

↑三仏堂





長命寺
長命寺 posted by (C)重家

↑三重塔

慶長2年(1597年)建立の三重塔で、重要文化財に指定されています。




長命寺
長命寺 posted by (C)重家

↑長命寺全景




錦市場
錦市場 posted by (C)重家

↑錦市場

帰りは、京都の台所、錦市場に立ち寄って、漬物と生八ツ橋の福袋を買い求めました。千円のものを2つ買いましたが、値段の倍くらいは入ってそうです。




インドカレー
インドカレー posted by (C)重家

↑インドカレー

京都まで出向いておきながら、何故か、インドカレーを食しました。ナンと呼ばれる大きなパンを手で千切って、カレーに浸しながら食べます。ほどよいピリ辛で、ボリュームもあって美味しかったです。私は京都に行っても、まともな京料理を食べる事は少ないです。美味しいことは美味しいんですが、値段は高いし、量も少ないので、手を出し難いです。なので、時には牛丼チェーン店ですませる事もあります。

太郎坊宮

  • 2019/01/02(水) 11:02:35

2019年1月1日、滋賀県まで初詣に行って来ました。

太郎坊宮は、滋賀県滋賀県東近江市にある神社です。この神社は、標高350mの赤神山に建てられており、中腹まで車で行けますが、電車で来た人は駅から歩いて来て、更に麓から登って行かねばならず、ちょっとした登山となります。






↑太郎坊宮

鳥居の奥に見える、岩山が赤神山です。





↑太郎坊宮

赤神山の中腹にある、太郎坊宮が見えてきました。




↑石段

ここからは、ひたすら石段を登って行きます。




↑参集殿

中腹にある参集殿まで来ました。ここでは甘酒や団子が売られており、帰り際に、私は両方、求めました。





↑石段

更に石段を登って行きます・・・




↑拝殿

ここでは、重要な祈祷が行われるとの事です。

そして、この場で、北斗の拳のあるキャラの台詞を引用して、今年の抱負を述べたいと思います。



              /\___/ヽ
                 /''''''   '''''':::::::\
       +     |(●),   、(●)、.:| +   私は神がこの世に創りだした
                |   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .::::|      最も美しく
      +      |   `-=ニ=- ' .:::::::| +     最も強い
             \  `ニニ´  .:::::/    +  至上の男!!
        +     ヽ、 ニ__ ー/
     .          . >  ⌒ヽ
                /    へ \
                /    /    \\
               レ  ノ       ヽ_つ
        +    /  /
             /  /|   +     +
            ( ( 、
   +           |  |、 \
           .  | / \ ⌒l
 +             | |   ) /
            ノ  )   し'
           (_/







↑夫婦岩

正面の岩の隙間を通りぬけていくと、本殿に至ります。






↑本殿

ますます、美しくなりますようにと祈りました


:    ::         ,.- ..,                  :
 .   :        ,゙   ゙ ' ‐ ‐ ‐/⌒ヽ' ' ゙ ',    ..:::..
 .     ∧     :          .! ,.γ⌒ヽ ;    ::
     <  '7   ,'゙        ゙'‐-ヘ,   ノ.,⌒)
      レt-! . ,'    ''''''   ''''''  ~ ^ヾ_ノ
        !‐‐┼- (●),   、(●)、     ;    言ってみろ!
        !‐┼-    ,,ノ(、_, )ヽ、,,    ー┼-  この世で一番美しいのは
          !.‐十    `-=ニ=-´      ‐┼-     だれだ!!
         ,.!- ヽ、   `ニニ´       ゙メ、
         ',.と   ゙ ッ‐,-.,.,.,.,.,.,.,n‐ッ, ‐ ' ゙
 .          ` !、  ./  ゙' -∠ィ^'゙    ゙ヽ、
            `.7 .,‐^- 、  ゙ヽ、    i
    ..::..      ノ   ι、r'     ヽ、,._ノ
 .     ::       ,∠..,,_     ゙         >   .:.
           ` ''! ゙ヽ.,, _ _     , イ   ...:: ::...
                 ヽ、  ヽ、  ̄  ,ノ    :: ::
                ゙ ' ' ゙   ゙ ' ' ゙      :





↑本殿からの眺め




↑本殿からの眺め

なかなか良い景色です。天気も良く、1年を始めるに相応しい日となりました。




     , - 、
    / 、ヽ⊂!
    '┐ i'´      /\___/ヽ
     l  l   /''''''  '''''':::::\
      !  l     |(●),  、(●)、.:|   +
     l   l .  |   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .:|       +
     |     l   |   `-=ニ=- ' .:::| +    私は世界で
      t   ’ヽ、.\  `ニニ´  .:::/     + もっとも強く・・・
      ヽ、:.    \ヾ: 、 -゙ヾヽー、
       ヽ:..     ヾ:,. ':,.   ゙i:l,、゙ヽ
        \::... .::.:   .!::ヽ';   l:::l . l
          :.  ::  ,/::::::゙i   ノ:::::l  l
           i    /::::::::::`二::::::::::| ヽ
           i   /::::::::::::::::::::::::::::::ト
          i   /::::::::::::::::::::::::::::::::| ゙、




     /\___/ヽ
   /''''''   ''''''::::::\
.   |(●),   、(●)、.:| +  そして、美しい!!
  |   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .::::|
.   |   `-=ニ=- ' .:::::::| +  
   \  `ニニ´  .:::::/     +
     ノ二ニ.'ー、`ゞ ,.
    Y´⌒` r‐-‐-‐/`ヽ、≡≡≡≡≡≡====───
    |; ⌒ :; |_,|_,|_,hに丿ヽ ≡≡≡≡≡≡====───
    .|: ; : : : .| `~`".`´ ´“⌒⌒)≡≡≡≡≡≡==== - - -
    . |; ; ; ; 人  入_ノ´~ ̄ ≡≡≡≡≡≡=== - - - -
     l ; ;/   // /''  ≡≡≡≡≡≡====───






          /\___/ヽ
         /''''''   '''''':::::\
           |(●),   、(●)、:|  私を愛する資格を与えられるのは
.          |   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .:::|   完璧に美しいものだけだ!!
           |   `-=ニ=- ' .::::::|
         \  `ニニ´  .::::/      
      , .-‐- くJ(      ゝ-rr- 、、
     /Y  ,r 、 `ー r'"^〃 、  つヒヽ
    ,ノ '^` i! =テミ i' 天ニ  ミ、 ='"^ヾ }
   ,/ ''=''" ノ-‐'ヾ-人,,__ノnm、''::;;,,  イ
  i!   ,∠-―-、、     `ー'フヾ、  j
  f'´    ノし   `丶、 ー=ミ-JE=-  /
  ヾ=ニ- 彡^ 〃   ,,>、、`''ー-::,,_,,ノ
    ``ー--┬:, ''"~´フ ソ´`7'' ''"´
         ,に (`゙゙´ノ   f^ヽ





   \  /
     X
   / ∩   /\___/ヽ
  / ( ⊂) /''''''   '''''  \
      | | |(●),   、(●)、.:|
      トニィ |   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .::::|
     |  i..|   `-=ニ=- ' .:::::::|
     \  \  `ニニ´  .:::::/
      \  `ー‐--‐‐―´
         ン ゝ ''''''/>ー、_
        / イ( /  /   \
        /  | Y  |  / 入  \
       (   | :、 |  / /  ヽ、 l
        j  | :   | / ィ    |  |
        くV ヽヘ_ ヽ  \  仁 」
         ー 〕   \  〉(⌒ノ
          /  ヽ   |
         /  / ',   |
        /  <    ',_  ヽ
        /   |    ヽ  \
       /__」      ユ   >,
      「__,h_」     <_-,ィ_/


フフフ・・・時代だ 時代が妖星を輝かせたのだ!!

みよ!わが宿命の赤き妖星を!!

妖星が告げておるわ! 

神が私を選んだと!

この世で最も強く美しい私を!!

京都紅葉散策

  • 2018/12/16(日) 15:12:01

紅葉の京都を散策してきた時の写真をアップしていきます。今回は友人の案内の様な形だったので、以前にも訪れた名所を載せていきます。

まず、最初に訪れたのは、京都市左京区にある瑠璃光院です。この寺は、床に映り込む紅葉が美しいと大変、美しいとの評判です。春と秋の限定公開で、開門は10時、整理券は9時から配布されるとの事です。私達は10時前に到着しました。しか~し、門前は既に整理券待ちの観光客の大行列が出来ていて、係員に尋ねたところ、私達は2時間待ちとの返答を受けて、茫然と立ちすくみました。寒い中、2時間も立って待つのは苦行以外のなにものでもなく、私達は泣く泣く、瑠璃光院を後にしました。本日の目玉のつもりでしたが、その目論見は到着早々に崩れ去りました・・・



八瀬比叡山口
八瀬比叡山口 posted by (C)重家

↑瑠璃光院近くの川

左手奥に瑠璃光院があります。そして、拝観待ちの大行列が見えます。友人は夕方18時には帰宅したいとの事でしたし、私も待つのは嫌いなので、この後は仕方なく、以前、私が訪れて来た、圓光寺(えんこうじ)、詩仙堂を代わりに案内する事にしました。




圓光寺
圓光寺 posted by (C)重家

↑圓光寺



圓光寺
圓光寺 posted by (C)重家

↑圓光寺




圓光寺
圓光寺 posted by (C)重家

↑圓光寺




圓光寺
圓光寺 posted by (C)重家

↑圓光寺





詩仙堂
詩仙堂 posted by (C)重家

↑詩仙堂



詩仙堂
詩仙堂 posted by (C)重家


↑詩仙堂



詩仙堂
詩仙堂 posted by (C)重家

↑詩仙堂




詩仙堂
詩仙堂 posted by (C)重家

↑詩仙堂

瑠璃光院では残念な思いをしましたが、圓光寺、詩仙堂の紅葉には友人も満足してくれたようで、綺麗だったと感想を漏らしていました。



八大神社
八大神社 posted by (C)重家

↑八大神社の宮本武蔵像


慶長9年(1604年)、八大神社の境内にある、一乗寺下り松(さがりまつ)にて、宮本武蔵と、京都の剣術流派、吉岡一門と決闘したと伝えられています。


この後は、京都の繁華街、祇園の通りをぶらぶらと散策し、食べ歩きながら土産物を買い求め、15時には帰路に着きました。慌しい散策でしたが、それなりに楽しめました。

鳥取ぶらり観光

  • 2018/11/25(日) 16:50:51

三徳山三佛寺を出た後、手頃な鳥取県の名所、史跡を訪ねる事にしました。まずは、地図でたまたま見かけた大山大滝に寄って見ることにしました。しかし、なんの事前情報も得ないまま、滝を目指したことが裏目に出てしまいます。駐車場からすぐだろうと思っていた滝は、かなりの山奥にあって、それもアップダウンの激しい道のりで、仕事疲れ、三佛寺登山の疲れが残っていた私は、とうとう力尽きて、山の土くれと化してしまいました。なので、これを書いているのは、霊体であって、他人に憑依して書き込んでいます。私は滝を目指す道中、橋を渡ったすぐ先で眠っています。しかし、道中、距離を示す標識が無かった事が、今でも恨めしいです。それさえあれば、あと少しだと勇気を奮い起こして滝に辿り着けていたでしょうに・・・



       /:\              /:\            
      /::::  \            /:::::: \.          
      l::::::   \          ,ノ::::::   \         
      |:::::::::    \ .__,,,,―--ー‐´       \.        
..     |:::::::::::::::::..                   \        
     |:::: .     ;,     ,,ヾ,,,. ;;' ,,.r.:,==、-、.  ヽ..       
    /         ,,.;;;;;;;;;  ;人; ;: ,;l.:.:.{ * .} );,  ヽ      
    /       ,.;;-'ニニヾ;;、:;ヽ;;  ヽ, ゙ヽ,:.:`--'.,..//゙   ゙、    
   .!     ゙ ;>'",..--、  ゙i;, l;;゙;::i:;)   ヽ`'ヽ`゙"゙ヽ;::゙i,    l    
   |     / /.:.{ * } ,./,.;:,,,;;;;;;;:;:;:;:;;;/;;゙ ,.-、;;;; : ヾ;;;゙i,.  ゙i
   |    i |::.:::.:`--'シノ-‐''"´ _,..,へ (⌒-〉;!:,;;;;;,.. ゙i;;;:!  l
    .!:,:,: ;;;;:;,l ;;:゙`-==' ,ィ"..   i:(⌒`-‐'" _,.-'",,._ ヽ,ヽ;:゙:..  |
    l;';';';:;;;;;;:;:..   |;;:l,. ,. ,. ,:;/ `_,,,..--‐''"´ _,..,へ ヾ-〉;!:,:.:.!\
     ゙!;;;;::;;;;;;;;;:;:;::;;:;:l;;;:!;;:;:;:;:;/  / ,,;____,,...-''i"  l_,.-‐! ||;:;::;,' \ 
      ゙、;;;;;; ;;;;;;;;;;;;;;;;:l;;:!;;;:::;/  / ,,;/`i  l  ゙!,..-'゙'iY゙i, ゙!;;;;;/.   \
        ゙、;;;,. ゙'';;;;;;;;,. ゙、;;゙!;: l  ,' ;ノ、_ノー‐'^`''"  ,..ィ' l`'l .!;;/     \ 
        |ヽ:,:,:,:;;;;;;;;;,. l;;;゙i |i_/∠i゙i'"゙i‐┬‐┬'''i"_,ノ"/ .//       \ 
      ,/:::::ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;,,`'";ヽ`ヽ, `ヽlヽ~-^ー'^,.-'" .//         \
    _ノ::::::::::::\;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ, ゙''ー-‐''"   //
   ,/:::::::::::::::::.  ゙ヽ、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ、__,...-‐'",./
  ,ノ:::::::::::::::::.     ゙''-、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,...-'"
/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.







↑大山滝への道


    :/\___/ヽ
  ..:/|||''''   '''''':::::::\:
  :.| ( ),   、(  )、..:|:
  :.| " ,,ノ(、_, )ヽ、,,""..:::|:
  :.|   ´,rェェェ、` .:::::::::|:
  : \  |,r-r-|  .:::::/…
  :./  ヾ`ニニ||´ / ̄"''''ヽ:







↑船上山ダムから眺める船上山

私の浮かばれぬ魂は、次に船上山へと漂って行きました・・・

                     ..    :::...
                + :: ::.;;............:::::.;;;;;;
                  ::::::''''''   '''''':::::::::;;;;;
                 . ::(●),   、(●)、.:;; +
                 ::   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .:;;;;;
.                + ::   `-=ニ=- ' .:::::;;;; +
                  :::  `ニニ´  .::::;;;     +
                   :::      :;;
                +  :::     :;;
                    :::   ::;
                     ::: :::;
                      :::
                      ::





↑千丈滝

この写真を見た人は、どこに滝が?と思うでしょう。しかし、現地に居た私にも分かりませんでした・・・




↑船上山

挑戦心が煽られる山容です。しかし、疲れ切った霊体の私には、どうする事も出来ません・・・




↑日本海と遠くに風力発電所




私の魂は癒しを求めて、海辺を漂いました・・・


  ./  ̄/〃__〃   .─/─/─ \  /   ̄  _/ . ̄ ̄/〃
    ―/  __ _/    /      /  ̄ ̄/  /     /
    _/   /   /     _/     _/   _/  /    / \


      /\___/ヽ
     /''''''   '''''':::::::\
.     |(●),   、(●)、.:|  +      ⌒⌒
    |   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .::::|
.     |   `-=ニ=- ' .:::::::| +               ^^
     \  `ニニ´  .:::::/     +
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  :::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::
   :::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::
     :::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::     ∧_∧
      ::::::::::::::::::::::::::::     Σ( ::;;;;;;;;:)
        ::::::::::::        /⌒`'''''''''''^ヽ
               /⌒ヾ/ / .,;;;;;;:/.:;|
-―'――ー'''‐'ー'''―‐'―''''\,./ / .::;;;;;;:/‐'| :;|'''ー'-''――'`'
 ,, ''''  `、 `´'、、,   '''_ソ / `:;;::::ノ,,, | :;| '''  、、,
    ,,,   ''  ,,   ''''' ξ_ノ丶ー'ー< ,ゝ__> '''''  ,,,,
 ,,     ,,,,     ''' ,   ::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::  ,,
            ,,,,,,,     :::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;:::::::::








↑燕趙園(えんちょうえん)

次に私の魂は、成仏を求めて寺院らしき建物に入って行きました・・・

燕趙園は、鳥取県湯梨浜町にある中国庭園で、鳥取県と中国河北省の友好のシンボルとして、25億円を費やして建設されました。



   /\___/ヽ
 / ⌒   ⌒ ::: \
 | (●), 、(●)、 |
 |  ,,ノ(、_, )ヽ、,,   |  フワ!フワ!
 |   ト‐=‐ァ'   .::::|
 \  `ニニ´  .:::/
   \__  __/
     (( ( つ ヽ、
       〉 とノ ) ))
      (__ノ^(_)



















私が本格的な中国庭園を目にするのは、これが初めてです。それなりに見応えはありますが、自然と一体化した日本庭園を多く見て来た私にとって、中国庭園は派手派でしく、癒しは得られませんでした。





↑湖山池

私の魂は、故郷で成仏すべく帰路につきました・・・その途中で立ち寄ったのが、湖山池です。水質はいまいちですが、開けた景観なので、ちょっとした休憩スポットに良いでしょう。





↑湖山池

水質はいまいちですが、そこに潜んで人を驚かすには最適でしょう。



              , -ー,
             /     |
             /         |
   ∧∧   ./        |
  (*゚Д゚) ./      /\_|__/ヽ
   | つ'@      / ''''''  | '''''':::::::\
  ~_`)`).      | (●),    、(●)、.:| +
 ̄ ̄ ̄しU        |     ,,ノ( ' ・)ヽ、,, .::::|      
     |       |     ´トェェェイ`  .::::::| +
~~~~~~~~ \   `ニニ´ .::::::/
―――――――――――――――――――――――――――――――