FC2ブログ

泥だらけの友情

  • 2019/03/17(日) 16:43:03

私がまだ、10代後半だった頃の話。

当時、私は中型バイク免許を取得したばかりで、バイクやスクーターを乗り回すのに夢中になっていた。そんなある日の夜、友人達と田園地帯の奥にある池まで、スクーターで出かけて行った。そこで、盛大に花火をして、馬鹿話に花を咲かせた。やがて、楽しい遊びもお開きとなったが、私はハイテンションのまま、田園地帯の細道を駆け抜けていった。




       ____
     /⌒  ⌒\
   /( ●)  (●)\     未来のスターのお通りだーーーっ!!
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \
  |     |r┬-|     |
  \__  `ー'´  _ /
     /     \
   .ィ⌒ヽ ___ ィ⌒ヽ
  ((、、、(((| l二二l |))), , ,))    ブオーーーーン!!
    .("r┴─-─┴i.`)
    ', |      │/
     ',| .「|i⌒i「| レ゙
     |___Ul  lU_|
        .i___j




                   __
                ,r' "    ゙ヽ、   うしゃらららーーー!!
                |_____|
             . /  (○ )lilili(○)  ―_
              /    ⌒(__人__)ヽ   ―
            __|       |r┬|  .|    ― ―
      .    ,r" _ \.____ 、__.`ー'_/   ―_
        /_,/ /___     .  〉  ―
        {mンー《//''''''''//》ーmmン  ./
        ゙ ̄" ̄7"ー―゙/i ̄弋ソ__/
         //" ̄ ̄iヽ  /
       .// /.     | .|  / ´⌒;;
     / / /     / /  \ (´⌒;; ≡
     \./ /     / /\  ヽ (´⌒(´≡≡
      / /     / / :::::〉  〉 ´⌒(´⌒;;;≡≡≡
  .   / /     / / ::::/ ./ (´⌒(´⌒;;
     ト,,ハト、⌒\' .{ :::〈. Y´
     ,r"ー\\  ヽ,ヽ/\>
     {::{ / ヽ ゙̄i゙ ̄}゙/    (´⌒;;
     ヽヽヽ ´ ノノ:::::ノ  ´⌒(´⌒;;;≡≡   キッキッーー!!
      ヽ、二/::/ (´⌒(´≡≡≡
        ̄ ̄ (´(´⌒;; ≡≡


 


未来のスター 「俺って格好良いーーっ!」


 *o ゚ |+|   。*゚  +゚ } o  |*  o。!    |!
 o○+ | ∨    | {r|! *l:     + |!*l::j o ○。
・+     ,-i| o.+  ___  。*゚}‐ 、゚ + |
゚ |i   | {r|! *l:  /_ノ ' ヽ_\   ノヾ}  |
o。!    |! * .゚ /(≡)::::::(≡)\  レ ノ  ゚|
  。*゚  l ・ / /// (__人__) ///\o  ゚。・ ゚
 *o゚ |   |     |r┬-|      |   *|    
。 | ・   o ゚ l\     ` ー'´    /*゚・+゚ ||
 |o   |・゚ ,.‐- .ハ       イ | * ゚   |
* ゚  l| /    、` ニ ´ ノ  ノ   o.+ | ・
 |l + ゚o i     ` -、{! /_   \  ○・ |o゚
 o○ |  | ヽ.     ヾ´    ̄  `ヽ  *。
・| + ゚ o }  }                ヽ O。
 O。 |  | リ、  ..:::        ..   l 。
 o+ |!*。| / `ー::::       , ヘ:::::..  | *
 |・   | ゚・ |/   /  :::... ..   /:::/ | ::..... { |
    |_|\∧∧∧MMMM∧∧∧/|_|
     >                  <
  /\  ──┐| | \     ヽ|  |ヽ  ム ヒ | |
  /  \    /      /  | ̄| ̄ 月 ヒ | |
      \ _ノ    _/   / | ノ \ ノ L_い o o






気分良くかっ飛ばしていたところ、突然、道が消えて、スクーターごと宙に飛んだ。




    ,r'" ̄ ゙̄ヽ、
    |____|    /⌒"⌒ヽ、/つ
   /ーニjj三ニ‐:u:\,/       } /
  /(○)三 (○ ):::li|.:ヽ    ,   i  /ヽ、
  |i :::((__人__))).:::u:::li|   /゚\  ヽ'"/ヽ、〉 \  ぴゅーーー
  ヽ::::: {r┬-} :::::lii::::::/  / .  \_/    \ \ \
   .\::`ー"’u ::::::    / \ \         \\
     \  ,__ヽ、 〈     \
      \ \   \ \
        \ \ .  \ \                   , r "r ̄ヽ、
         \_〉     \_〉      η         ∠___/  _,ゝ
            \ \     ./ iゝ,//.        /:::::::/i /,r⌒ヽ′
               \    {/  \.,rー.、    /;;;;;;;;;ノノ  { ( ◎.)}}
                    \//  \\   ヽー'’ヽ  ヽ,_,ノi \
                   // ゙/〈     \\  |   \ ../ー'" \\
                  <./  \\.     \\ }.,、-―"´}./   \\\
                        \\.     \\   .//     \\
                         \\.     〉 .\ // \ \
                           .\ヽ,,Fハト、⌒\〉/     \
                               ↓r"ー\\  ヽ,
                             '"゙ / ヽ ゙̄i゙ ̄}゙    (´⌒;;
                            人人  ´ ノノ:::::ノ  ´⌒(´⌒;;;≡≡
                           ┌┐て . =/::/ (´⌒(´≡≡≡
                           ┴┴ て   ̄ (´(´⌒;; ≡≡
                       ドガッ !!!  YY


一瞬、時が止まった感覚がした。

未来のスター 「え!?」




      \        - 一…  __/
       >                \
     /     _ ,              ヽ
      i      , ___,, 、            |
      !     ⊥、 ̄,⊥、          !
      ∨   (   Y   )          ,'
      ヽ  (● )  (● )       /
       \ ─‐   ──     /
        \            /
          ー -- ―― '






そして、盛大に田んぼに突っ込んだ。



                         // / //  /  //
     ○  o                 // / //  /  //
       ( ヽr 、             // / //  /  //   ┃ ┃┃
    .     \ \\              //  /  //    ┣━
         \o                 //  /  //       ┃
      ○Oヽ  )               //  /  //
   o \ヽ_)              .  //  /  //      ━╋━┃┃
      (            / ̄ ̄ ̄\   /  /  ○  ┃┃┃
    o       )     / ─   ─ \      (
      ̄ ̄)       /  (○)  (○)  \      ̄ ̄ ̄ ) ━  ┃
    .   ( ̄ ヽ≦ ; |    (__人__)    | /    (_     ━━┛
         ニニ ≦三三三三三三三三三≧      )
    o  > ノ ノ          ニニニニニ      <
     O p/ / ) / :/     ブクブク        ─○
        ( / / )  / /⌒o Y⌒     \\ (   o
      ○   o O  ○   | /       ⌒ヽ )ヽ\\)
           //    Y   ○ O          ) ○
          ○      O






気が付くとうつ伏せになって、顔の半分が泥に浸かっていた。


         :, -─‐──‐-、:
          :/     #;;;;゚┳  \:
       :/ ;  ゜#     °  \:」
      :l  .U┳     ; ;;;;;#;;;;;;;;;;;; l⌒ '";;;; ヽ、:
       :|;;;;#;;;┃;;; ;;  u.    ;   |ー       \:
.      :! u. _ノ#ヽ、__ # ∪        ;;;  ,;   \ ,rー、:
        :ゝ。((-‐)  ;;;;;;(--)::。 i';;;⌒┳ ̄` ̄ ̄ ̄ヾ`ヽ ヽ:
       :(  ヽ'"(__人___)"'__ ,ノ ヽ、__;;__"___,、___ソノ__ノ:
  ´ ´ `゚~゜´^" ´~`゚゜`⌒ ´"´´゚^゚^ ~゜゚`´^゙^ ^´'゜´^゚´ '゚^´゙ ^ ゚゜




起き上がると幸い怪我は無かったが、体中、泥だらけだった。スクーターも泥に埋もれていて、引っ張り出そうとしてもビクともしなかった。このスクーターは家の物で、私の物では無かった。


泥だらけの落ちこぼれ 「やばい、どうしよう!このままだと怒られる・・・・」
      _______
.     / /  #  ;,;  ヽ
  : /ノ  ;;#  ,;.;::     \  :
   /  -==、   '==-   ..:::::|
.  | ::::::  (__人__)    :::::.::::| :
 : ! #;;:..  l  |     .::::::/
   ヽ.;;;//;;.;`ー‐'ォ   ..;;#:::/
    >;;;;::..     ..;,.;-\




私が焦り始めていたその時、後方から友人達がやってきて、「大丈夫か!?」と声をかけてくれた。そして、私1人でスクーターを引っ張り出せないと知るや、足が泥だらけになるにも関わらず、2人の友人が田んぼに入ってくれた。そして、あちこち泥だらけになりながらも、力を合わせて道まで引っ張り上げてくれた。





泥だらけの落ちこぼれ 「みんな、ありがとう・・・」


                 / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
                /                     \
              /                        \
             /      ―――            ――― \
           /          _                _   \
          /          /´ ,..::::::::::.ヽ ヽ         /´ ,..:::::::::::.ヽ ヽ \
        /        ,'  ,;::::::::::::::::::', ',       ,'  ,;:::::::::::::::::::', ', \
       /          {  {:::::::::::::::::::::} }        {  {::::::::::::::::::::::} }  \
     /           '、 ヽ::::::::::::::/ /        '、 ヽ::::::::::::::/ /      \ 
     |            (;;;;;;;;;;)) ̄ /       |     \   ̄          | 
     |            /'       /        ∧      ',               |
     |          {{        {        / ヽ     }               |
     |           ヽ       ヽ___/ __ \___ノ            | .
     \          人        ヽ   ´    `  '             /  
       \           ( し.)                                 /   
        \       `¨                           /    ..
         /                                     \      
        /                                          \    



この時、手伝ってくれた2人の友人は、まだ付き合いの浅い関係だった。しかし、私の幼い頃からの友人は、「足が汚れるから、ごめんな」と手伝ってはくれなかった。この時、本当に困った時に、人間の本性が垣間見れると思い知った。


それから、長い年月が流れて、これらの友人達とも連絡が付かなくなってしまったが、今でもこの時の事を感謝していますし、元気に過ごしている事を祈っています。

スポンサーサイト

流行を追う人

  • 2011/11/01(火) 19:02:20

新商品発売!



                   ,'⌒,ー、           _ ,,..  X
                 〈∨⌒ /\__,,..  -‐ '' " _,,. ‐''´
          〈\   _,,r'" 〉 // //     . ‐''"
           ,ゝ `く/ /  〉 /  ∧_,. r ''"
- - - -_,,.. ‐''" _,.〉 / /  . {'⌒) ∠二二> -  - - - - - -
  _,.. ‐''"  _,,,.. -{(⌒)、  r'`ー''‐‐^‐'ヾ{} +
 '-‐ '' "  _,,. ‐''"`ー‐ヘj^‐'   ;;    ‐ -‐   _- 任務してる場合じゃね~!
 - ‐_+      ;'"  ,;'' ,''   ,;゙ ‐-  ー_- ‐
______,''___,;;"_;;__,,___________
///////////////////////



新店オープン!


\   \\   \  \\  , ェェェェェェ、\  \\ \
\\   \\   \  \,ィ三三三三三三ヽ.  \\ \
\\\   \\, -‐≦三三三三三三三三三ヽ   \\
  \\\    /   ィエミ ヾ三三三ツ" ̄`ヾ三ヲ\   \\
\  \\\  l     !三リ  ヾ三ヲ'   ヽ、  \  \   \
  \  \ f三ミ        /三三     `ヽ.、 \  \
\  \  ` ヾ三        ヾ三三    ,ィ全、 \ \  \
\\  \  \.゛l    < > ノ三三  ./三三、   ヽ. \
  \\  \    、 >,  ~ /三三".  ,'三三三、.  l  \
\  \\  \  .i≧ュ __,、 /三三"  ,'三三三三、 ノ
  \  \\  \ |三ミ≧≠三彡"    l三三三三三「\\
   \  \\  `!三三三リー - 、._ !三三三三三   \\
\   \  \\ }三三彡 \\\  ヾ三三三彡"≧,   \
  \   \  \.ノ三三リ\  \\\     ヾ三三ミ、
━━━━━━━{三三彡━━━━━━━━━━ ̄━━
            ̄ ̄
ケ  ケ   /\      ー―≠―   ー―≠
┼┼┼ /┌┴┐\      /       /
│└┘   [ 二 ]   ー 、   |       ー― 、
└──   レ`く_   _)  \_    くZ_ノ 
  |二二|  /\   |  | |       _|           ||
┼└─┘/__ \ .|  | |         |/⌒ヽ     ||
┴ 7二二 ┌─┐  |     ー十十ヽ /|  _ノ 二   ||
  / / / /  |__|   ヽ_ノ     .|  ノ  |  (_ノヽ /乙  。




新曲配信!


           /    //       /
           /    //  /  / /
         /    //  /  / /    / /
           __________    / //
          // /∩| ̄Vマルボロ  /」  / //
           ̄ ∧∧   ヽ ̄ ̄ ̄ ̄   // /
       / ̄ ̄/(´∀`)丿  ー  | ̄ ̄ ̄|l/ /
       |  __γ⌒ヽっ´ / __\    ||プゥイィィィーーーーーーーンン
  / ̄∧ λ |┌/´2\「 ヽ ヽ ||  ||  |   ||
  |  ||≦二二/ 貝  /|二二||  || /__|l  レースしてる場合じゃね~!
  ∧_ ∠shell〈__,くshell二《  ||__|l




新番組スタート!


          _,,,,,         ―― |_| |_| >
         /川川ハ        | l ̄ | |    ノ   メ
        ///川川lト、      |_| 匚. |   \   シ
       (ゞ川从川/_,―' ̄ヽ    | |   ノ    食
     __>ームヾ ̄(  _-、 |  |_|   \   っ
    /   |       y-  ノ_|       <   て
    '-,,_ |        |  ムkノ) l_ll_l ,-,    )  る
       "|        |       // /   場
        |         |     匚/   ̄ヽ   合
       |     ___ |              ノ   じ
       r―――"    ‐|  \\     \   ゃ
       |          /     \\   <   ね
       人     乂  /       \\ ノ   え
ニヽ   /  |    ヾ /    ___―― ̄    っ
__\ /  /|     l         ̄ ̄―――__  !
     / /  \\  ヾ                 ν、
 ̄弋二/ ̄|   \\  \   \\            V⌒
 ̄ ̄\\\ ̄\  \\  \    \\
 ̄ ̄ ̄\\\ ̄|   "―_从从     \\
 ̄ ̄ ̄ ̄\\\ ̄\    |   ζ      \\
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\\\ ̄|    ヾ  \\       \\
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\\\\ ̄フ \\ \\



旬の芸能人出現!

         , ─ 、      / ⌒ \
        /    \   /     ヽ
        /   , -´  ̄ ̄ ̄ ─  、|
       /  /    , ───── \
       | /    /            ヽ
/  /  |/     /   ⌒\     /ヽ ヽ
  /   /    /     ヽ l /      ヽ l /  ヽ
/      l     /      / ⌒ヽ     /⌒ヽ   l
   / |    l      | (‘l |      |(‘l |   |  のび太相手にしてる
  /   |    |     l     l   _ l    l  l    場合じゃね~!
/  / l     |      ` ー ´   (二) ー ´  |
  /    l   l          ___       !
/  /  ヽ  ヽ     ヽ/´      l     /
  //   lヽ   ヽ      ノ─-、    ノ     /
//    /ヽ\ ヽ   /____ノ_ /   /
/    /  \` ー` ‐─────── イ   /
  /  /     ` -──/⌒/´ー‐─´\ / /
/   /        \  ヽ_/  #♯# ヽ /
                >´⌒ヽ   ♯# /⌒ヽ /



しかし、私にとってそれらは・・・


   ∩___∩
   | ノへ   へヽ
  /  の   の゛|   へのへのもへじ──!!
  |    ( _も_)  ミ
 彡、__ へ ノ、`\
/ __   ̄ ̄./´>  )
(___)   / (_/
 |       /
 |  /\ \
 | /    )  )
 ∪    (  \
       \_)



知ったこっちゃないです。

      ∩___∩
   (ヽ  | ノ      ヽ  /)
  (((i ) / (゜)  (゜) | ( i)))
 /∠彡    ( _●_)  |_ゝ \
( ___、    |∪|    ,__ ) 馬鹿じゃね~の?
    |     ヽノ   /´
    |        /




そして、我が道を行く

   ∩___∩             ∩___∩
   |ノ      ヽ            |ノ      ヽ
  /  (゚)   (゚) |          /  (゚)   (゚) |
  |    ( _●_)  ミ         |    ( _●_)  ミ あ~たし♪
 彡、   |∪|  、` ̄ ̄ヽ    /彡、   |∪|  ミ
/ __  ヽノ   Y ̄)  |   (  (/     ヽノ_  |  さくらんぼ~♪
(___)       Y_ノ    ヽ/     (___ノ
     \      |       |      /
      |  /\ \     / /\  |
      | /    )  )    (  (    ヽ |
      ∪    (  \   /  )    ∪
            \_)  (_/



良ければ、応援よろしくお願いします。(・∀・)∩
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 その他日記ブログ 気ままへ

懐かしき川

  • 2010/08/21(土) 17:36:14

栃原川(とちわらがわ)は兵庫県朝来市にある川です。岩でごつごつとした景観に富んだ川で、水も澄んでいます。私が小学生の頃、よく親父に連れられて水遊びしに行きました。


栃原川
↑栃原川

昔、この辺りで魚捕りなどをしていました。この付近にはドンコと言う魚の稚魚が多く生息しており、それを家に持ち帰って飼っていました。この日は東南アジア系の外国人の家族連れが数組、遊んでいました。夏場は大勢の人で賑わう川なのですが、今や国際的になってきているのでしょうか?



栃原川
↑栃原川

正面に大岩が見えますが、あの付近の淵は深く、2、3メートルはあります。


栃原川
↑栃原川

昔、この大岩の上から、よく飛び込みをしたものです。栃原川は普段は穏やかなのですが、大雨ともなると濁った濁流と化します。しかし、そんな日に、親父にこの川に連れられて行った事があります。その日の栃原川は前日の大雨の影響で増水し、川底も見えませんでした。その時は親戚も子供も一緒で、2人して大岩に登ったものの濁って渦巻く川を見て、飛び込む勇気がなかなか湧いて来ませんでした。


     /∧_/∧      /∧_/∧    オロオロ
   ((´´ДД``;;))    ((;;´´ДД``))    オロオロ
   //    \\     //   \\ オロオロ
  ⊂⊂((  ヽノヽノつつ ⊂⊂ヽ// )) つつ  オロオロ
   しし((_))       ((_))JJ




私達が大岩の上で、恐る恐る川を眺めていた時、突然、私は濡れた岩肌に足を滑らせて、前に居た親戚の子供を思いっきり、淵に突き飛ばしてしまったのです!親戚の子供は手足をあたふたさせながら、川にドボーンと沈んでいきました。


  ○
 く|)へ
  〉  
 ̄ ̄7  
  /.    ミ
  |       ̄|_|○
 /.




    || ||
    || |
    || 

  ∩∧∧∩
  ヽ(,,゚Д゚)/ ショエ~~~
   /  /
 ~〈  (
   し`J




       ΛΛ    うわっ、あっ、うわぁぁあっぁ…
  ....::::;;;;( ;゚Д゚);;;;::::.......
    """''''''''''"""



                ,, _∧
           ∧/    -ヽヘ
           Y ,     ○ ヾ\    どうしよ!!!
          /^f:○ (_人_)   } }   人殺してしまったよ~~
          |: .|:..  .)  |  ミ |    
           ゝ:ヾ..  ⌒" ..,イ、イ
            \;"ヽ::... ∠ ヽ \
          γ⌒:|:: .}"    ⌒\ \
           |  ;/ /    ,ィヘ. \ ヽ
          | / /    ノ   \___ノ
          | " /    /
           ゝ__ノ    /
           /.     ..f



万事休すと思いきや、幸い親戚の子供は無事、岸まで泳ぎ着きました。私は親戚の子供にわざとじゃないと謝りました。



ゴメンヨ~   ナ~ニ イイッテコトヨ

  ∧_∧ガッ!∧∧     
 (´Д⊂ヽ∑⊂(゚Д゚# )≡≡≡≡≡   
⊂    ノ     \   ,)~≡≡≡
  人  Y        ( ( |≡≡≡≡
 し (_)         ∪≡≡≡



しかし、どんな形であれ、飛び込みは出来ると分かったので、私も勇気を奮って岩から飛び込みました。私達は2,3度飛び込んで遊びましたが、この日は水が冷たく、川底も見えないのであまり楽しめませんでした。


しかし、今思い返せば、親父はよくそんな日に川に連れていったものです。私も下手すれば溺れていたかもしれないし、親戚の子供を溺死させていたかもしれないです・・・

まあ、それでも一夏の思い出ですね。



良ければ、応援よろしくお願いします。(・∀・)∩
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 その他日記ブログ 気ままへ

昆虫犬ラッシー

  • 2010/04/01(木) 19:14:56

私は子供の頃、外で遊ぶのが大好きだった。友人と野原を駆け巡っては、バッタやカマキリを捕まえるのに夢中だった。

私達がよく遊んでいる、お気に入りの広っぱには、一匹の犬がいた。近所の人が、野原に犬小屋を作って飼っていたのだが、その犬は人懐っこくて、私達にもよく懐いた。飼い主にどう呼ばれていたかは知らないが、私達はその犬をラッシーと呼んだ。ラッシーは一見すると普通の中型犬だが、その嗜好は少々、変わっていた。


            /i _,.r-.
         ,-/r' 」'ー-'〈      ,r'゙' '゙';,'゙';.,
        /: :::;;゙;'   ヽヽ   ,.;'゙'゙`    ` ´`゙;,
        / ;'    r=, i ,.;;'  , : : :_: : : . . ';,
       i  ::       `';,,....;.--='⌒'゙''i.;.,:,, ;:
       |       -.,__,シ'        `'; ;
       f゙' .,_   _,. - ' ハヽ           i,
       i        ,.; ;             ゙i
         l      ,.:;;' ;: ;:      ;;;''    :;
       i    ,..,,.;:'゙  ;: '   ,. ''゙゙´ ;;     :;
          l  ,,      ノ  ,..;: ー〈´ `' ';:,    :;
         ヽ, ;;,  ;,   /,. ''゙´   ヽ、 `' ;.    i
            i `'r'゙゙  /        `'-., ヽ、   ヽ
         |  i,   i             ヽ  iヽ   ゙'.,
         |   li  ,i             i  | \  i
         |  l.i  /          /,_ノ   ヽ l
         ノ ノi゙  /           `´゙      ! i
         r-'  ノノ . /                 'ーー'
        ゙'^ー゙ノ  /
         (w,i.ノ


ある日、私達が野原でバッタを捕らえて、ラッシーに見せてやると、なんと、バッタに飛びついて食べてしまったのだ。次にカマキリを捕らえて見せてやると、これまた美味そうに食べてしまう。私達が空中にバッタを投げてみると、ラッシーは高く飛び上がり、空中キャッチして食べてしまった。(」゚ロ゚)」(」゚ロ゚)」(」゚ロ゚)」オオオオオッッッ


そして、私が手にバッタを乗せて見せてやると、私の手ごとカブリ付いてきた。「痛ててて!こらこら、手ごと食べるんじゃない。それにしても、お前は本当に昆虫が好きなんだな」。私達は、昆虫好きなラッシーのために、各種バッタ・コオロギ・カマキリ・はたまたトカゲまで捕まえて与えてやった。すると、ラッシーはその全てを、綺麗に平らげてしまった。


ラッシー 「昆虫、美味すぎるワーーン!もっとよこせワーン!!」

          ,-ー→-、       ,┐
         / ...:..:.   l      ,/ └、_,ィュ
       〈 ::.l´:.:.. ノ ̄`^Fニ、  tァ  |
         ノ :':.`ー-'     ヽ-‐   .:.:.ン
         `ク      、.. ,      :.::/
         |     ,ノ:: ..:. .   ,、;;.: `ー-、
        ノ  ,ィ^.::( ̄`ヽ、;:.. ヽ、 `ヽ、y'
        }  | \,、)     `ー-、 \
        `ー'           ヽ,ソ


私達 ポポポ( ´゚д゚)´゚д゚)´゚д゚)´゚д゚)´゚д゚)ポヵ-ン


昆虫は良質のタンパク質を有し、かつヘルシーで美味しいそうです。犬ながら、その栄養価の高さを心得ているようでした。しかし、私達には真似出来そうもなかったです。・・・(゚_゚i)タラー・・・

私達も昆虫好きでしたが、別の意味でこれほど昆虫好きな犬は、おそらく、これから先も見る事はないでしょう。


実を言うと、私は一度だけ昆虫を食べた事があります。それはイナゴの佃煮で、特に臭みとかはなく、甘辛くカリッとした食感で悪くなかったです。


良ければ、応援よろしくお願いします。(・∀・)∩
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 その他日記ブログ 気ままへ

教師の演説

  • 2009/05/24(日) 17:00:14

「教師の演説」

これを長く聞かされると、倒れる人がよく出ていた。


教師 「今から朝の朝礼と、ためになるお話をします」

              ∧_∧                                          
             (・∀・ )  
            ⊂   ⊂) 旦
          | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
           ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄
            |         |                                                       
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ∧_∧ ∧_∧ ∧_∧ .∧_∧ ∧_∧ ∧_∧ふああ、眠い
 (    )(    )(    )(    )(    )(    ) 
     ∧_∧ ∧_∧ ∧_∧ ∧_∧ .∧_∧ ∧_∧ 
    (    )(    )(    )(    )(    )(    )だる



1時間経過・・・



教師 「であるから、でありまして、であるのです」

              ∧_∧                                          
             (・∀・ )     ベラベラ
            ⊂   ⊂) 旦
          | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
           ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄
            |         |                                                       
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ∧_∧ ∧_∧ ∧_∧ .∧_∧ ∧_∧ ∧_∧ しんどいわ・・・
 (    )(    )(    )(    )(    )(    ) 誰も聞いてないのに・・・
     ∧_∧ ∧_∧ ∧_∧ ∧_∧ .∧_∧ ∧_∧ 
    (    )(    )(    )(    )(    )(    )眩暈がしてきた・・・


        

           ∧_∧           
     ⊂二´⌒ つ T∀T)つ バタッ もうだめぽ・・・


           ∧_∧              
     ⊂二´⌒ つ T∀T)つ バタッ


           ∧_∧              
     ⊂二´⌒ つ T∀T)つ バタッ



数時間経過・・・


教師 「私の話をこれで終わります」

  ∧_∧
 (  ´A`)  拍手喝采の嵐が巻き起こるだろうな
 (    )
 | | |
 (__)_)




教師 「皆さんどうです!ためになったでしょ!」


⊂二 ̄⌒\  ハァハァ          ノ)
     )\   ( ∧_∧         / \
   /__   )*´Д`)    _ / /^\)
  //// /       ⌒ ̄_/      
 / / / // ̄\      | ̄ ̄        
/ / / (/     \    \___
((/         (       _  )
            /  / ̄ ̄/ /
           /  /   / /
         / /   (  /            
        / /     ) /             
      / /      し′             
    (  /                      
     ) /                        
     し′      




教師 「あ、あれ・・・」

 ∧_∧_∧_∧
 (´Д`;三;´Д`)
   (つ  つ
   〈 〈〉 〉
   (__)_)




ピクピク
⊂⌒~⊃。Д。)⊃・・・⊂⌒~⊃。Д。)⊃・・・⊂⌒~⊃。Д。)⊃・・・⊂⌒~⊃。Д。)⊃・・・
⊂⌒~⊃。Д。)⊃・・・⊂⌒~⊃。Д。)⊃・・・⊂⌒~⊃。Д。)⊃・・・⊂⌒~⊃。Д。)⊃・・・
⊂⌒~⊃。Д。)⊃・・・⊂⌒~⊃。Д。)⊃・・・⊂⌒~⊃。Д。)⊃・・・⊂⌒~⊃。Д。)⊃・・・
                                       ピクピク


私も教師の長話を聞かされている最中、立ち眩みを生じた事があります。何とか最後まで踏ん張りましたが、そのような状況であったので、教師の話などまるで頭に入りませんでした。もっとも、これ以外の話も頭に入った例はありませんが・・・



気が向いたら、応援よろしくお願いします。(・∀・)∩
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 その他日記ブログ 気ままへ