FC2ブログ

天龍寺

  • 2011/11/24(木) 20:21:34

天龍寺は京都市右京区嵯峨にある、臨済宗天龍寺派の大本山です。南北朝時代、暦応2年(1339年)、後醍醐天皇の崩御を受けて、その菩提を弔うため足利尊氏が創建しました。康永2年(1343年)には七堂伽藍が整い、康永4年(1345年)、後醍醐天皇の七回忌法要を兼ねて、落慶(らっけい)法要が営まれました。しかし、寺は度々、大火に見舞われて焼失したため、現存する建物の多くは明治時代の再建です。


嵐山
嵐山 posted by (C)重家

↑早朝の渡月橋

渡月橋と天龍寺は程近い場所にあります。


天龍寺
天龍寺 posted by (C)重家



天龍寺
天龍寺 posted by (C)重家



天龍寺
天龍寺 posted by (C)重家



天龍寺
天龍寺 posted by (C)重家



天龍寺
天龍寺 posted by (C)重家



天龍寺
天龍寺 posted by (C)重家



天龍寺
天龍寺 posted by (C)重家



天龍寺
天龍寺 posted by (C)重家

↑天龍寺北東にある竹林


小倉池
小倉池 posted by (C)重家

↑小倉池

竹林を抜けるとあります。


この寺は曹源池庭園から眺める紅葉が有名で、晩秋には多くの人々がここで写真の腕を振るいます。水面に映りこむ紅葉と嵐山が、独特の味わいを出してくれます。


良ければ、応援よろしくお願いします。(・∀・)∩
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 その他日記ブログ 気ままへ

スポンサーサイト

白毫寺(びゃくごうじ)

  • 2011/11/13(日) 11:41:40

白毫寺(びゃくごうじ)は、兵庫県丹波市市島町にある天台宗の寺です。慶雲2年(705年)にインドの僧、法道上人によって開闢されたと伝わります。最盛期には7堂、93坊を数えたそうですが、天正8年(1580年)、織田信長の部将、明智光秀による丹波攻略戦の際に白毫寺は焼き討ちにあって、焼亡してしまいます。しかし、地元の人々の努力と信仰によって、白毫寺は現在の姿に再建されました。


白毫寺(びゃくごうじ)
白毫寺(びゃくごうじ) posted by (C)重家



白毫寺(びゃくごうじ)
白毫寺(びゃくごうじ) posted by (C)重家



白毫寺(びゃくごうじ)
白毫寺(びゃくごうじ) posted by (C)重家



白毫寺(びゃくごうじ)
白毫寺(びゃくごうじ) posted by (C)重家



白毫寺(びゃくごうじ)
白毫寺(びゃくごうじ) posted by (C)重家



白毫寺(びゃくごうじ)
白毫寺(びゃくごうじ) posted by (C)重家



白毫寺(びゃくごうじ)
白毫寺(びゃくごうじ) posted by (C)重家



白毫寺(びゃくごうじ)
白毫寺(びゃくごうじ) posted by (C)重家



白毫寺(びゃくごうじ)
白毫寺(びゃくごうじ) posted by (C)重家



白毫寺(びゃくごうじ)
白毫寺(びゃくごうじ) posted by (C)重家


白毫寺は山間に佇む小さな寺です。しかし、寂とした味のある寺でもあります。


良ければ、応援よろしくお願いします。(・∀・)∩
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 その他日記ブログ 気ままへ

コスモス畑

  • 2011/10/26(水) 18:44:04

兵庫県加古川市志方町にある、コスモス畑に行ってきた時の写真を載せてみます。



コスモス
コスモス posted by (C)重家



コスモス
コスモス posted by (C)重家



コスモス
コスモス posted by (C)重家



マリーゴールド
マリーゴールド posted by (C)重家



コスモス
コスモス posted by (C)重家


この日は、あちこちでコスモス祭りが催されていました。この場所でも、地元の方の小さな露店が並んでいました。焼きそば中盛りが200円、ぽん菓子大盛りが200円、などが手ごろな値段で売られていました。久方ぶりに買ったぽん菓子は、懐かしい甘さでした。

地蔵川の梅花藻

  • 2011/09/11(日) 14:28:20

滋賀県米原市には、醒ヶ井と言う旧宿場町があります。そして、この町には地蔵川という清流が流れていて、そこに梅花藻(ばいかも)と呼ばれる水草が生えています。この水草は7~8月頃に梅の花に似た白い小花を咲かせる事から、梅花藻と呼ばれます。透き通った清流に揺らぐ梅花藻の可憐な花は、見る人を涼しげな気分にさせてくれます。


地蔵川
地蔵川 posted by (C)重家

↑地蔵川


地蔵川
地蔵川 posted by (C)重家

↑地蔵川



地蔵川
地蔵川 posted by (C)重家

↑梅花藻


地蔵川の梅花藻
地蔵川の梅花藻 posted by (C)重家

↑梅花藻


地蔵川
地蔵川 posted by (C)重家

↑西行水


地蔵川
地蔵川 posted by (C)重家

↑桔梗


地蔵川
地蔵川 posted by (C)重家

↑彼岸花


地蔵川
地蔵川 posted by (C)重家

↑百日紅


地蔵川
地蔵川 posted by (C)重家

↑名も知れぬ花


地蔵川
地蔵川 posted by (C)重家

↑生け花

川に彩りを添えるためでしょう。どなたかが、生け花を添えてくれていました。



マスフライ定食
マスフライ定食 posted by (C)重家

↑マスフライ定食700円

醒ヶ井駅前にある喫茶店で頼みました。醒ヶ井には醒ヶ井養鱒場(さめがいようそんじょう)と呼ばれる養殖場があって、そこのマスを使用しているとの事でした。あっさりした味で、ボリュームもあって、美味しかったです。





良ければ、応援よろしくお願いします。(・∀・)∩
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 その他日記ブログ 気ままへ

厳島神社

  • 2011/08/28(日) 16:29:12

厳島(いつくしま)神社は、広島県廿日市(はつかいち)市にある神社です。厳島神社を擁する宮島(厳島とも)は風光明媚な景観を有している事から、宮城県の松島、京都府の天橋立と並ぶ日本三景の1つとされています。


宮島を本土から眺めると、標高535メートルの弥山(みせん)を始めとする山々が海上高くそびえ立っている観があり、古代の人々はその山容を見て、島全体が神であると崇めていました。そして、推古元年(593年)に地元の豪族が島に社殿を建立したのが、厳島神社の始まりです。しかし、島全体が神の地として信じられていたため、恐れ多いとして海上に社が建てられました。仁安3年(1168年)、平清盛はこの厳島神社を平氏の氏神として崇めたため、現在にも伝わる立派な社殿を奉納しました。社殿は幾度と無く災害に遭って、建て替えられていますが、清盛時代の面影をそのまま残しているとされています。


厳島神社
厳島神社 posted by (C)重家

↑宮島の鹿

暑いので、日陰で休んでいます。宮島には古くから鹿が住んでおり、人々は神鹿として大切にしてきました。しかし、近年では生息数が増え過ぎて、問題が起こっているそうです。


厳島神社
厳島神社 posted by (C)重家

↑大鳥居


厳島神社
厳島神社 posted by (C)重家



厳島神社
厳島神社 posted by (C)重家



厳島神社
厳島神社 posted by (C)重家



厳島神社
厳島神社 posted by (C)重家



厳島神社
厳島神社 posted by (C)重家



厳島神社
厳島神社 posted by (C)重家

↑応永14年(1407年)建立の重要文化財です。


厳島神社
厳島神社 posted by (C)重家

↑豊国神社(千畳閣)

天正15年(1587年)に豊臣秀吉が建立した重要文化財です。


厳島神社
厳島神社 posted by (C)重家

↑焼き牡蠣

レモン醤油をかけて食べます。美味い!としか言えないです。私が買った店では2個で400円でしたが、厳島神社や土産物街に入るまでに、3個500円で売っている店もあったので、そちらの方がお得でしょう。それと、この宮島で忘れてはならない土産として、紅葉饅頭があります。店によっては製造過程を見られる所もあり、抹茶やチョコレート味など様々な種類が売られていました。





良ければ、応援よろしくお願いします。(・∀・)∩
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 その他日記ブログ 気ままへ