FC2ブログ

高山寺

  • 2017/12/01(金) 19:26:05

高山寺(こうざんじ)は、京都府京都市右京区にある寺院で、鳥獣戯画と紅葉の名所として知られています。京都市北部の山中にあって、紅葉の進みは市内よりも早いです。






































高山寺にある、石水院には鳥獣戯画のレプリカが置いてあって見る事が出来ます。普段の高山寺は無料で、石水院だけ拝観料800円かかりますが、紅葉の時期になると、駐車場代1000円、拝観料500円がプラスされます。正直、高山寺の紅葉は大した事は無く、石水院もちょっとした写真撮影スポットというだけで、800円の価値は無いと感じました。同じ800円出すなら、何か食べ物をつまむ方が良いかと思います。

スポンサーサイト

原不動滝・明神滝・音水湖

  • 2017/11/18(土) 12:55:24

兵庫県宍粟市の自然の名所を散策してきたので、その時の模様を紹介します。





↑原不動滝の遠景





↑原不動滝の下部












続いて訪れたのは、同じ宍粟市にある明神滝です。音水渓谷(おんずいけいこく)を登った先にあります。
















最後に訪れたのは、宍粟市北部にある音水湖(おんずいこ)です。引原ダムとも呼ばれています。水質はいまいちでしたが、それでも湖面に映り込む紅葉が綺麗でした。













朝光寺

  • 2017/10/02(月) 20:52:31

朝光寺は、兵庫県加東市にある寺院です。小さな寺ですが、国宝の本堂と、重要文化財の鐘楼と多宝塔を有しています。




↑本堂




↑鐘楼




↑多宝塔










↑つくばねの滝

農業用水の水なので、水質はいまいちです。それでも、寺に華を添える滝ではあります。




↑金剛力士像

こちらの方に、「何奴っ!」と睨まれましたが、「ただの超絶美形モデルです」と説明しておきました。すると、今にも殴りかかってきそうな形相をされました。なんでやねん!




↑金剛力士像

こちらの方にも、「胡散臭い奴め」と睨まれましたが、「私は山清水の様に清い男です」と説明しておきました。すると、鼻で笑った様な顔をされました。失礼な!




↑古い石仏

話の分かりそうなお地蔵さんに、「お地蔵さんだけは、私が心も体も綺麗な男だと分かってくれるよね?」と尋ねると、一様に引きつった笑いをされました。もう、ええわ!


朝光寺は、田園地帯にある閑静な寺です。人もほとんど訪れないので、暇なら、私のように独り相撲をしてみてはいかがでしょうか?

醍醐桜・神庭の滝・衆楽園

  • 2017/04/14(金) 18:52:09

醍醐桜は、岡山県真庭市にある、一本桜です。樹齢は、700~1000年の間と見られています。訪れた時は、3~4分咲きといったところで、側で見ると、やはり見応えに欠けるところがありました。少し離れた所から写すと、まあまあ綺麗に映りました。


醍醐桜
醍醐桜 posted by (C)重家


醍醐桜
醍醐桜 posted by (C)重家


神庭の滝は、岡山県真庭市にある、落差110メートルの滝で、日本の滝百選にも選ばれています。この滝を訪れるのは2度目なんですが、西日本の滝の中では、水量も高さもあって見応えあると思います。


神庭の滝
神庭の滝 posted by (C)重家


神庭の滝
神庭の滝 posted by (C)重家


神庭の滝
神庭の滝 posted by (C)重家


衆楽園は、岡山県津山市にある、日本庭園です。明暦年間(1655~1656)に津山藩主二代目、森長継が作庭させました。西日本有数の桜の名所である、津山城と比べると、衆楽園の桜は少なく、見劣りしますが、日本庭園と合わせると、こちらにしか無い味もあります。


衆楽園
衆楽園 posted by (C)重家


衆楽園
衆楽園 posted by (C)重家


衆楽園
衆楽園 posted by (C)重家


衆楽園
衆楽園 posted by (C)重家


衆楽園
衆楽園 posted by (C)重家


今回の旅行は、岡山県の中部から北部にかけての名所や史跡を、巡って来ました。空模様こそ、曇りばかりでしたが、桜は丁度、見頃で、食事もまあまあ美味しい物が食べれたので、満足のいく旅となりました。

元仲田邸くらやしき・吹屋ふるさと村

  • 2017/04/13(木) 19:44:20

元仲田邸くらやしきは、岡山県高梁市にある民宿です。山間部にある庄屋屋敷跡で、見た感じ、高級料亭のような雰囲気がしますが、値段は良心的です。和室と洋室があって、今回は洋室の方に案内されました。


元仲田邸くらやしき
元仲田邸くらやしき posted by (C)重家


元仲田邸くらやしき
元仲田邸くらやしき posted by (C)重家


元仲田邸くらやしき
元仲田邸くらやしき posted by (C)重家


元仲田邸くらやしき
元仲田邸くらやしき posted by (C)重家


元仲田邸くらやしき
元仲田邸くらやしき posted by (C)重家


元仲田邸くらやしき
元仲田邸くらやしき posted by (C)重家


元仲田邸くらやしき
元仲田邸くらやしき posted by (C)重家

↑夕食

後から、何品か出てきます。地元の食材をふんだんに使っているとの事で、素朴かつ上品な味わいでした。翌日、元仲田邸くらやしきを出た後、車で15~20分ほどの所にある、吹屋ふるさと村に行って来ました。ここは、赤銅色の石州瓦とベンガラ漆喰(しっくい)壁が合わさった、赤みを帯びた町並みが印象的です。訪れた時、町はまだ寝静まっていて、店は全て閉まっていました。


吹屋ふるさと村
吹屋ふるさと村 posted by (C)重家


吹屋ふるさと村
吹屋ふるさと村 posted by (C)重家


吹屋ふるさと村
吹屋ふるさと村 posted by (C)重家


元仲田邸くらやしきと吹屋ふるさと村の周辺は、昔の日本の原風景を思わせます。時間ものんびりと流れている感じがするので、普段、忙しく過ごしている人が訪れたなら、癒される事でしょう。