FC2ブログ

スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

富士山 1

  • 2015/08/13(木) 14:18:59

友人と2人で、富士山(標高3776メートル)に登ってきたので、その時の模様を紹介します。

まず関西から電車に乗って、遥々、静岡県の御殿場駅まで行き、そこからバスに乗って、登山口である御殿場口新五合目まで行きました。ここは標高約1450メートルで、山頂との標高差は2300メートルあります。

富士山には四つの登山ルートがあって、ほとんどの人は、比較的短くて登りやすい吉田ルートや富士宮ルートを行きますが、混雑しやすいという欠点もあります。今回、私達が選んだのは、最も標高差があって、距離も長い御殿場ルートです。つまり、最もしんどいルートです。有り難い事に、友人が「ここは空いていて良いよ!」選択してくれました・・・。登り始めたのは、午前9時前でした。


富士山
富士山 posted by (C)重家

↑御殿場口新五合目

富士山
富士山 posted by (C)重家

↑大石茶屋

しばらく登ると、この山小屋に着きます。ここで一息いれて、昼食用のおにぎりを買っておきました。


富士山
富士山 posted by (C)重家

↑登山道

大石茶屋を出ると、しばらく山小屋には出会いません。後は、荒涼とした登山道がひたすら続きます。この日は晴れてはいましたが、雲が多く、麓から山頂へと登っていく雲が絶えませんでした。私達もしばしば雲に包まれました。


富士山
富士山 posted by (C)重家

↑高山植物

富士山では、この植物を多く見かけました。名前は分かりません。


富士山
富士山 posted by (C)重家

↑富士山

雲の切れ間から、富士山頂が望めました。雄大です。

しかし、まだまだ遠い・・・


富士山
富士山 posted by (C)重家

↑麓を振り返る

富士山の登山道は砂利道ばかりで、傾斜があるとずり落ちるので、その分、余計な力を浪費していたと思います。


富士山
富士山 posted by (C)重家

↑新六合目(標高2590メートル)

ここに着いたのは、午後13時15分でした。現在、使われていない山小屋で、中に入る事は出来ません。ただ、座りやすい場所はあるので、ここで昼食を取って休憩を入れました。しかし、山向こうから、雷の音が響いてきたので、内心、戦々恐々でした。


富士山
富士山 posted by (C)重家

↑富士山頂を見上げる

ようやく、はっきりとその姿を拝む事が出来ました。


富士山
富士山 posted by (C)重家

↑宝永山(標高2693メートル)

宝永山の中腹で、砂煙をあげて下っている登山者が見えました。


富士山
富士山 posted by (C)重家

↑六合目(標高2830メートル)

ここに着いたのは、午後15時前でした。この辺りまで来るとさすがに疲れは隠せず、早く山小屋に到着したいという思いが募りました。

続く・・・

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。