FC2ブログ

スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

富士山 2

  • 2015/08/13(木) 14:34:20

富士登山の続きです。


富士山
富士山 posted by (C)重家

↑宝永山(標高2693メートル)

下から見上げるばかりであった宝永山と、同じ位置に立ちました。

現在地は、標高2800メートル地点であるはずなのに、何故か、宝永山の方が高く見えます。???



富士山
富士山 posted by (C)重家

↑麓を見下ろす

途中まで見えていた御殿場口新五合目の駐車場は、見えなくなりました。


富士山
富士山 posted by (C)重家

↑芦ノ湖

富士山
富士山 posted by (C)重家

↑富士山頂

山頂がようやく近づいてきて、何軒かの山小屋も見渡せました。この頃になると、足が重くて仕方なく、一刻も早く、山小屋で休息したいという思いだけで足を上げていました。それと、この辺りから気温が低く、上着を着るのが遅かったせいもあって、体が冷え切ってしまいました。これは、山では避けねばならない行為です。


富士山
富士山 posted by (C)重家

↑砂走館(標高3090メートル)

本日の宿です。到着時刻は午後16時12分でした。御殿場口新五合目から登り始めたのは午前9時前だったので、ここまで来るのに約7時間かかりました。もう疲れ切っていました・・・

富士山
富士山 posted by (C)重家

↑山小屋から山頂を見上げる

まだ上にも山小屋がありますが、さすがにあそこまで行く元気はありませんでした。


富士山
富士山 posted by (C)重家

↑宝永山

宝永山を、上から見下ろせるようになりました。

富士山
富士山 posted by (C)重家

↑夕食のカレー

お代わり自由との事で、2杯食べました。お陰で、冷えていた体が温まって生き返りました。3杯目も食べたかったけど、さすがに遠慮しました(汗)。


富士山
富士山 posted by (C)重家

↑麓の夜景

麓の町は富士市でしょうか?駿河湾も見渡せて綺麗でした。翌日は、ご来光を拝むため、午前1時半には起きて、2時に出発する予定です。なので、早めに床に付きました。が、しかし、山小屋というのは、ほとんどどこも、狭い、暑い、騒がしいの三拍子が揃っているので、ろくに寝れません。水も不足気味なので、風呂などなく、歯磨きも我慢です。ただ、目をつむって体を休めているだけで、睡眠時間はせいぜい1時間半ほどだったと思います。高山病なのか軽い頭痛が生じたので、頭痛薬を飲みましたが、治りませんでした。つ、辛い・・・


そして、翌早朝、午前2時から再び、登り始めました。まだ夜は深いので、ヘッドライトを装着しての登山です。軽い頭痛は続き、昨日の疲れも存分に残っていて、しばらく登ると足を休め、また登るという繰り返しでした。そうして3時間後、ようやく山頂付近に到達しました。山頂付近は気温が低く、風も吹き荒れていて、かなり寒かったです。寒風が吹き荒ぶ、晩秋といった感じでした。富士登山には、雨具を兼ねたウインドブレーカーが必須です。それと、体温を保持するため、トレーナーなども着込んでおいた方が良いです。


富士山
富士山 posted by (C)重家

↑ご来光間近

見晴らしの良い所まで歩いてゆき、静かにその時を待ちます。

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。