FC2ブログ

スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

富士山 3

  • 2015/08/13(木) 18:18:12

富士登山の続きです。

富士山
富士山 posted by (C)重家

↑ご来光

時刻は午前5時18分でした。友人は感動して涙したと言いましたが、私の場合、感動したというより、やれやれ、ホッとしたというのが本音です。ああ、もうしんどい目に遭わずにすむという開放感ですかね。それと、日本一の頂を極めたという達成感は味わえました。


富士山
富士山 posted by (C)重家

↑剣ヶ峰

富士山頂には達しましたが、まだ最高地点には立っていません。なので、次は剣ヶ峰に向かいます。


富士山
富士山 posted by (C)重家

↑富士火口

煙こそ出ていませんが、今でも生々しい噴火の跡が窺えます。


富士山
富士山 posted by (C)重家

↑富士山頂上、浅間大社奥宮

この辺りで短パンの欧米人を見かけましたが、寒さで体を震わせていました。いくら体が頑丈であっても、さすがに無謀です。


富士山
富士山 posted by (C)重家

↑富士山測候所(ふじさんそっこうじょ)

剣ヶ峰で記念写真を撮ろうとする、登山者の列です。20分余待って、ようやく記念写真を撮れました。


富士山
富士山 posted by (C)重家

↑日本最高峰、富士山剣ヶ峰3776メートル


富士山
富士山 posted by (C)重家

↑影富士


富士山
富士山 posted by (C)重家

↑山頂から東を望む


富士山
富士山 posted by (C)重家

↑山頂から東を望む(ズームアップ)

槍ヶ岳と思われる、尖がりが見えました。こうした雄大な風景が一番、心が癒されました。


富士山
富士山 posted by (C)重家

↑雲海

雲が無く、条件が良ければ東京の市街とスカイツリーも見渡せるそうですが、この日は確認出来ませんでした。でも、こうして雲海を眼下に収めるのも悪くはないです。


富士山
富士山 posted by (C)重家

↑吉田口へと降りてゆく

まるで、登山者が雲海に向かっていくかのように見えました。登りは御殿場ルートでしたが、下りは吉田ルートを選びました。山頂付近で生じていた頭痛は、下っている最中に消えました。


富士山
富士山 posted by (C)重家

↑吉田ルート登山口

ここに着いたのは、午前10時12分でした。山頂から下り始めたのが7時半だったので、2時間半ほどかかりました。しかし、バス停がある富士スバルライン五合目までは、まだ30分ほどかかります。富士山は、登りも下りも砂利道で砂埃がたちやすく、服が汚れて、鼻や耳の穴まで黒くなってしまいました。これから富士登山する人は、必ずマスクを持参した方が良いです。

今回、日本一の頂きを極めたという達成感は味わえましたが、正直、間近で見る富士山は荒涼としていて、殺風景に感じました。やはり富士山は、遠くから眺めてこそ、美しいのかもしれません。でも、登頂したなら、一生忘れ得ぬ思い出となるでしょう。

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。