FC2ブログ

スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日名倉山

  • 2017/05/06(土) 10:38:00

日名倉山は、兵庫県と岡山県の県境にある、標高1047メートルの山です。GW中、友人3人で登って来ました。


日名倉山
日名倉山 posted by (C)重家

↑林道入口

日名倉神社という小さな社を過ぎた先に、空き地があったので、そこに車を停めました。そこから林道入口まで歩いていって、獣除けの扉を開くと、いよいよ登山の始まりです。登山開始は、9時50分ぐらいでした。


日名倉山
日名倉山 posted by (C)重家

↑登山道

30分ほどして林道は終わり、そこからは、やや荒れた登山道となります。


日名倉山
日名倉山 posted by (C)重家

↑登山道

傾斜が強くなってきて、息が上がってきますが、標高もどんどん稼げます。


日名倉山
日名倉山 posted by (C)重家

↑分岐点

10時50分に、ここまで到達しました。


日名倉山
日名倉山 posted by (C)重家

↑山頂への道

大分、歩いて高い所まで登ってきたと思いましたが、山頂までまだ1・5キロもあります・・・


日名倉山
日名倉山 posted by (C)重家

↑山頂を望む

ようやく、山頂が見えてきました。


日名倉山
日名倉山 posted by (C)重家

↑山頂

到着時刻は11時半で、約1時間半の登りでした。山頂は、南以外はほぼ展望が開けていました。

日名倉山
日名倉山 posted by (C)重家

↑北東を望む

日名倉山
日名倉山 posted by (C)重家

↑北を望む

前方の山は、後山(標高1344メートル)で、今から7年前に登っていますが、日名倉山よりもしんどかったです。そして、後山の向こうの雲が、薄暗い事に注目してください。山頂に到着する辺りから、遠雷の響きが伝わってきて、黒い雲が近づいていました。なので気が気でなく、弁当を平らげると、すぐさま退避に取り掛かりました。


日名倉山
日名倉山 posted by (C)重家

↑北西を望む

晴れ間もあれば、雷鳴轟く黒い雲も流れていて、不安定な天気でした。眺めをもっと堪能したかったんですが、山頂で雷に遭えば、命の保障が無いので、駆け足で下って行きました。山の中腹辺りまで来たところで、雨がパラパラと降り出し、車に到着した時には激しく降り出し、雷の響きも近づいていて、ギリギリのところでした。(((((( ;゚Д゚)))))ガクガクブルブル

朝方の空は澄み切っていて、今日は絶好の登山日和だと思っていましたが、昼から一変しました。山に登る時は、やはり雨具は必須ですね。

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。