FC2ブログ

スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

白馬岳 2

  • 2017/09/03(日) 19:29:47

白馬岳登山の続きです。

雪渓を登りきった後は、岩だらけのごつごつした登山道となり、そこを抜けると幾分、歩きやすい道となります。しかし、この辺りから疲れが顕著に出てきて、足取りが重くなってきます。なので、昼食にして休憩を取りました。プラスチック容器の弁当だとゴミになってかさばるので、食べ物はナイロンフィルムに包まれたコンビニおにぎりが三つで、飲み物は1・5リットルのポカリスエットです。




↑巨大岩





↑高山植物





↑高山植物




↑高山植物




↑来た道を振り返る




↑白馬岳頂上宿舎

ここに着いたのは午後13時で、ようやくトイレに行けました。下から結構、我慢してました。




↑白馬山荘

今日、私達が泊まる予定の山小屋です。かなり大きな山荘ですが、風呂は無理で、部屋もやはり、多人数で寝る事になります。受付は愛想無くて、あまり良い印象は抱かなかったですね。ここに着いたのは13時半で、一応、今日のゴール地点となります。午前7時から登り始めたので、6時間半かかった事になります。





↑宿泊部屋

満員であれば、横の人とほぼ密着して寝る事になります。この日は幾分、空きがあったので横のスペースは取れました。しかし、足を真っ直ぐ伸ばすと、対面する人と足がぶつかってしまうので、斜めに伸ばします。もし、いびきの大きい人と一緒になれば、その人以外は眠れなくなるでしょう。私は山小屋で快眠できた事は、ほとんどありません。




↑山頂への道

この日は山頂には行かないつもりでしたが、明日の天気がどうなるか分からないので、今日中に山頂を目指す事にしました。荷物は山小屋に預けて、カメラだけ持って行きます。大分、身は軽くなっていましたが、それでも足が疲れ切っていて、足を引きずる様にして登って行きました。




↑白馬岳山頂(標高2932メートル)

山頂に着いたのは14時40分で、白馬山荘からは20分ぐらいだったでしょうか。雨こそ降って無かったものの、周辺は雲に包まれて眺望は限られていました。山頂で記念写真を取ったり、休憩したりして時間をつぶし、雲が晴れるのを待ちます。

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。