FC2ブログ

スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

白馬岳 3

  • 2017/09/04(月) 20:26:33

白馬岳登山の続きです。





↑山頂から北西を望む

晴れていれば日本海も望めるそうですが、この日は近隣の山まででした。





↑山頂から南を望む

前方の山は、杓子岳(しゃくしだけ)で、その次が鑓ヶ岳(やりがたけ)だと思います。これらの山と白馬岳を合わせて、白馬三山と呼ばれています。




↑山頂から北を望む

明日は、この道を伝って下りて行く予定です。




↑山頂から東を望む

こちらは雲が湧き上がって来て、何も見えませんでした。




↑頂上を極めた人達

皆、満足気な良い表情をしています。私達もそうだったでしょう。しばらく山頂で過ごした後、山小屋に戻りました。





↑白馬山荘の夕食

ハンバーグ定食とカレーが、大抵の山小屋の定番メニューです。味噌汁、ご飯、お茶はお代わり自由です。ここで友人がビールを奢ってくれたんですが、正直、体にきつかったですね。山頂に近付くにつれ、頭が痛くなってきたので、軽い高山病に罹っていたんだと思います。それが、ビールで倍加されて、頭痛が酷くなりました。頭痛薬を持参していたものの、少し軽減された程度でした。




↑栂池(つがいけ)への下り道

翌日は、早朝6時から下山につきました。晴れを期待したものの、天候はより悪化して、雲は厚く、小雨がぱらつく有り様でした。再び山頂を登り、栂池(つがいけ)方面へ下って行きます。段々、雨が強まってきたので途中でレインウェアを着込みました。雲と雨でほとんど何も見えず、私達も行き交う登山者もテンションだだ下がりで、表情まで曇っていました。




↑白馬大池

時折、雲が流れて池全体をすっぽり包み込んでいました。そして、この辺りから雷鳴の響きが伝わってきて、雨も激しく降ってきたので、池の側にある、白馬大池山荘で雨宿りさせてもらいました。




↑白馬大池

反対側から見た、白馬大池です。しばらく雨宿りしていると、雷鳴は遠のいて行き、雨も止んできました。池には魚らしき生物が多く泳いでいましたが、良く見ると足が生えていました。この池には、クロサンショウウオが生息しているとの事です。時折、晴れ間も覗いてきたので、ここでレインウェアを脱ぎました。


しかし、30分も歩かない内に再び雲に包まれ、雨も振り出したので、また着込む羽目になりました。レインウェアを着込んだり、しまう時は、いちいち満杯のリュックを広げて、靴紐もほどかないといけないので、大変な手間となります。そして、ここからの下り道がまた険しくて、ロープウェイ駅に着くまで、ほとんど気が抜けませんでした。体感ですが、白馬岳を登る場合、大雪渓から登る方がまだ楽だと思います。





↑栂池ロープウェイ

雨粒が叩き付ける中、私達はハイテンションで、ロープウェイを下って行きます。


あめあめ ふれふれ かあさんが♪


じゃのめで おむかい うれしいな♪


ピッチピッチ チャップチャップ♪


ランランラン♪


ワ━ヾ(   )ノ゛ヾ( ゜д)ノ゛ヾ(゜д゜)ノ゛ヾ(д゜ )ノ゛ヾ(  )ノ゛━イ!!


はは、楽しいな・・・


ねえ、楽しい?


た、楽しいよ・・・


本当に楽しい?


楽しい・・・


訳ないわ!アホがーーーっ!!


頂上立っても景色は見れず!雨に降られて雷も落ちる!道を下るがテンションも下る!


   )、._人_人__,.イ.、._人_人_人
  <´   もう いやーーーーっ ! >
   ⌒ v'⌒ヽr -、_ ,r v'⌒ヽr ' ⌒ヽr
// // ///:: <   _,ノ`' 、ヽ、_ ノ  ;;;ヽ  //
///// /::::   (y○')`ヽ) ( ´(y○')    ;;|  /
// //,|:::     ( ( /    ヽ) )+     ;| /
/ // |:::     +  ) )|~ ̄ ̄~.|( (       ;;;|// ////
/// :|::       ( (||||! i: |||! !| |) )      ;;;|// ///
////|::::    +   U | |||| !! !!||| :U   ;;; ;;;| ///
////|:::::       | |!!||l ll|| !! !!| |    ;;;;;;| ////
// / ヽ:::::       | ! || | ||!!|    ;;;;;;/// //
// // ゝ:::::::: :   | `ー-----' |__////



と言う訳で、今回は満足感より、徒労感が残る登山となりました。_| ̄|○ガックシ...

しかし、天候の変わりやすい高山では、2回に1回しか、絶景は拝めないと思った方が良いでしょう。今回は、外れの回となりました・・・

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。