FC2ブログ

スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

蘇武岳

  • 2018/07/16(月) 15:02:28

蘇武岳は、兵庫県美方郡香美町と豊岡市にまたがる、標高1074メートルの山です。冒険家、植村直己の故郷の山で、彼が通った山として知られています。7月14日、私と友人を含む、4人で登ってきました。登山口は東西にありますが、今回は西側の香美町、大糠(おおぬか)コースを選択しました。まず、道の駅、村岡ファームガーデンに車を停め、その裏手にある、大糠神社を経て登山道に入って行きます。



↑登山口

登り始めたのは、午前9時半過ぎです。カメラの設定が少し狂っていたようで、撮影時刻は実際より遅くなっています。




↑三合目

蘇武岳の登山道は全体的に穏やかで、危険だと感じる場所はありませんでした。しかし、この日の気温は高く、暑さが最大の敵でした。友人の1人がバテ気味だったので、一合目ごとに休憩を入れていきました。最初の一合目~二合目辺りまでは風通しが悪く、先が思いやられましたが、三合目辺りからは段々と風通しが良くなってきたので、希望が繋げました。





↑蘇武岳

木々の隙間から、蘇武岳らしき山の姿が見えました。




↑杉林の登山道

登山道はほとんど樹木の陰だったので、直射日光は浴びずにすみました。もし、禿山だったなら、リタイアしていたでしょう。





↑展望台からの眺め

八合目を過ぎると、展望台に着きました。ここからの眺めは良く、風も吹き抜けて気持ち良かったです。しかし、すぐ近くには車道が走っており、車でもここまで来れると知った時は、ちょっと残念な気持ちがしました。自力で登った人だけが味わえる、贅沢であって欲しかったからです。





↑蘇武岳山頂

頂上に着いたのは13時過ぎで、麓からは3時間半かかりました。涼しい季節に登っていたなら、もっと早く着いていたでしょう。頂上の展望はまずまずで、東西の展望は広がっていましたが、南北は樹木に遮られて見渡せませんでした。




↑山頂から西を望む

私たちは、こちらから登って来ました。





↑山頂から東を望む

植村直己さんの故郷、豊岡市はこちらなので、彼は東から登ってきたのでしょう。





↑山頂から北を望む

山頂は開けていて、影で休める場所が無かったので、展望台まで下りて、そこで昼食を取りました。





↑大糠(おおぬか)神社

麓の大糠神社に着いたのは16時過ぎで、下りは2時間半かかりました。夏の登山で苦しかったですが、何事も無く戻れて良かったです。時間はかかりましたが、休憩を多めに入れたのが、良かったのでしょう。

この後は、山の反対側まで車で移動して、植村直己冒険館に向かいました。





↑植村直己冒険館

植村さんが、冒険で実際に使用した道具や服が展示されています。服の汚れや擦り切れが、印象に残りました。





↑植村直己冒険館

この施設に着いたのは16時半過ぎで、閉門したばかりでしたが、施設の方は快く受け入れてくれました。お陰様で、駆け足でしたが、全館、見て回る事が出来ました。どうも、ありがとうございました。

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。